2014年11月15日公開

紙の月

PG121262014年11月15日公開
紙の月
4.0

/ 5,369

49%
18%
20%
8%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(723件)

切ない22.5%絶望的14.3%悲しい13.3%セクシー9.3%不気味5.7%

  • オルフェ

    4.0

    ネタバレ対比が良い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • emo********

    4.0

    若い男にうつつを抜かす話

    夫婦関係が上手く行ってない女房が、若い男にうつつを抜かして、全てにおいて墜ちていく話。 個人的な感想なのですが、この手の話は見ていて切なくなって、まともに見るのがとても辛いです。 映画には関係無いけど、宮沢りえさんは首筋のホクロを取ったほうが良いのにと思います。

  • くろねこ

    4.0

    ありきたりの展開だけど

    地味な主婦が歳下の若い男にのめり込み、職場から横領し大金を貢いでいく過程がリアリティあって面白いです。邦画はあまり好きではないですがこれは面白かった

  • kat********

    2.0

    ネタバレ何を見せられたのか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いいじゃんそれで

    4.0

    ジャケットやポスターのイメージとはだいぶ違う内容

    宮沢りえさんの演技で「イケてない年増女感」が上手く出ていると思いました。 相手役の男の「クソ野郎感」も出ていましたし、濡れ場も凄く臨場感があったと記憶しています。主人公の心情の変わり方が物凄く説得力があり、どうしようどうしようと思っているうちに泥沼にはまって行く感じがましたね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
紙の月

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日