2014年12月27日公開

海月姫

1262014年12月27日公開
海月姫
3.4

/ 2,093

23%
27%
27%
12%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

人生において男は不要だと考えるオタ女子集団「尼~ず」の面々が集まる、男子は立ち入り禁止のアパート天水館。そこに暮らすクラゲオタクの月海(能年玲奈)は、熱帯魚ショップでひと悶着(もんちゃく)あったところをファッショナブルな女性に助けてもらう。次の日の朝、ひょんなことから彼女が女装をしていた蔵之介(菅田将暉)という男性だとわかって驚がくする。それを機に、蔵之介は男性であることを秘密にし天水館に出入りする。月海たちと蔵之介が交流を深める中、天水館の取り壊しが決まってしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(479件)

笑える18.3%楽しい18.3%かわいい17.7%コミカル15.6%ファンタジー7.8%

  • sky********

    2.0

    長く感じた

    配役は素晴らしいと思います。 尼〜ズが漫画から抜け出たかのように忠実でとても良かったです。 女装はどう見ても女装で女性に見間違うには無理があると思いました。 主演の能年玲奈さんがとっても可愛かったです。可愛いのに見事にネガティブなオタクに化けてました。 話はイマイチ盛り上がりに欠け、退屈でした。俳優陣のおかげで持ってる感じが否めません。

  • yor********

    5.0

    腐女子が、醗酵

    腐女子でも、集まり、力を、合わせれば、社会的な栄養素を、作り、出す、事例。  なお、隠味に、『男の娘』(おとこのこ)が、入って、います、、、w

  • chi********

    4.0

    漫画!良い意味で^_^

    原作読者です。 原作の世界観を大切に、ちょい役までキャストはどハマりで素晴らしいです、蔵之介以外は。。。でも、菅田将暉くんが大好きなんです。。。女装の無理を大目に見られる存在感だと思います。 難しいことを考えず、漫画だと割り切って、楽しめられれば、可愛くてキュンとする映画だと思います! 何も考えたくない!でも、なんとなく元気をもらいたい!って感じの女性に元気をくれる映画だと思います︎ DVDレンタルかアマプラでゆるーく観るのがちょうど良いかな。。。 能面玲奈さんもやっぱり素敵な女優さんだと思いました!

  • cyborg_she_loves

    1.0

    ドラマの方が断然いいです

    能年玲奈さんがかわいいという意見があるようですが、いや実際かわいいんですけど、メガネかけてる方が圧倒的にかわいくて、メガネ外すと割と平凡な女性になってしまう(ように少なくとも私には見えました)のは、物語の趣旨に完全に逆行してるんじゃないでしょうか。  菅田将暉くんの女装は違和感大きいです。全然美人に見えない。  「ばんば」役の池脇千鶴さんに至ってはアフロヘアーで顔が全部隠れていて最後まで誰が演じてるのかわからないぐらいでした。他の映画なら優に主演を張れる人をこんな使い方するなんて、ちょっと心外でした。  *  というわけで、キャスティングへの違和感ばかりが残って全然楽しめないまま見終わった映画だったのですが、2018年に芳根京子さん主演で作られたテレビドラマが予想外に良かったので、あらためて映画の方も見直しました。  そして、あらためてこの映画の出来の悪さを確認した次第です。  ドラマ版の芳根さんは、メガネかけてるダッサダサの根暗少女がメイクと衣装でピッカピカの魅力的女性に生まれ変わるという有様を見事に表現しています。  芳根さんばかりでなく、天水館の他のメンバー(千絵子嬢だけは事情あって外れてますが笑)がおしゃれをした時の変身ぶりも見事です。  これでこそ、「おしゃれは強く生きるためのヨロイであり武器なのだ」というこの作品の根本思想が表現できます。  どんなに根暗な「腐女子」だって、どんなに容姿にコンプレックスもってる人だって、メイクと衣装で自分を武装して堂々と戦って生きようではありませんか、という主張が、ドラマ版ではこっちの心にしっかりと訴えかけてきます。  映画の方は、キテレツな格好をした連中が出てきて仰々しい大騒ぎを繰り広げるだけの、ただのコメディで終わっています。  同じ原作をベースにしながら、見た印象がこうも違うものか、とあらためて実写作品を作る難しさを考えさせられました。

  • mih********

    3.0

    私をくいとめてと比べるとなー

    よく纏まって、テンポもいいが能年の可愛さと菅田の女装だけでちょっともったいない映画。上映中の「私をくいとめて」と比べてしまう。演技の迫力、思わず吹き出す、涙誘われる、身につまされる、百面相の表情が天才。監督手腕、能年の成長が差に表れている。 のんに演技をさせれば、もっと面白いものが幾らでも作れる、二人の抜けた才能を感じる。この映画と比べて欲しい。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


能年玲奈倉下月海
菅田将暉鯉淵蔵之介
池脇千鶴ばんばさん
太田莉菜まやや
馬場園梓千絵子
片瀬那奈稲荷翔子
速水もこみち花森よしお
平泉成鯉淵慶一郎
浅見れいな月海 母
中村倫也熱帯魚店員
大石吾朗西園寺さま
菅登未男元議員の老人
ドン小西ドン小西
有末麻祐子女友達A
佐藤あや女友達B
高田秋女友達C

基本情報


タイトル
海月姫

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日