ここから本文です

海月姫 (2014)

監督
川村泰祐
  • みたいムービー 487
  • みたログ 2,648

3.39 / 評価:1980件

陰性オタク女子達を女装男子が救済する物語

  • oir***** さん
  • 2020年6月23日 22時49分
  • 閲覧数 110
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

どうせ漫画原作映画と期待は薄かったが意外な見つけ物。

最初はアパート女子キャストに魅力を全く見いだせず(無論そういう設定だから)、菅田君の女装もばっちり様になっているという印象はなし。長谷川博已のお兄さん役ははまっていたが(菅田君と似てなくもない)、ちょっと驚いたのがもこみち君の運転手役。そうか運転手かーとなぜか少し落胆。(←しかし後半大活躍)

個人的に話が動き出したなと感じたのが、能年玲奈が菅田の化粧と衣装合わせによりダサい女からキュートな女へと変身、それに長谷川博已がひとめぼれした瞬間。
それは単純にお似合いのカップルと勝手に感じたから。笑

フリーマーケットでのクラゲぬいぐるみ販売の成功体験がオタク女子達を目覚めさせ、すんなりというわけではないがクラゲファッション衣装まで作るに至り、そして驚きのファッションショーまでアパートで行うことに。ここで一体どういう展開になるかこちらも興味津々。

能年と長谷川の恋の進展や、地域再開発の脅威などハプニングも挟み(←片瀬那奈メリハリのある好演)、ラスト怒涛のファッションショーへ。
まぁ服飾のセンスや出来具合など判断はできないが会場は大盛況。ドン小西まで顔を出すほど。
そこでのメイン衣装汚しというかなりの危機も乗り越え、ショー終了後に能年と菅田が恋仲に?? というところでエンディング。
個人的には長谷川博已の方が絶対相性がいいと思っていたのでラストはなーんだと少し残念。能年には長谷川君の方が絶対あっているって、とここで言っても仕方ないが笑

結果的には結構うれし恥ずかし楽しめました。

普通に良しの三ツ星


あのアパートは八王子のあそこかなと思っていたがロケ地ガイドによれば全然違う。普通の建物に蔦を這わせあそこまで雰囲気出すんだね。感心

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ