レビュー一覧に戻る
MI5:消された機密ファイル

pop********

4.0

チャーリー・マフィンのような

ブライアン・フリーマントル、ジョン・ル・カレのような 古き良き、静かで緻密なスパイ小説読者が、ポンと膝を打って楽しめる映画。 ジェームス・ボンドやジェイソン・ボーンのような、派手で目立ってしまう 現実ではあり得ないスパイ達に食傷気味なので、 立場の危うい老スパイという設定にコーフンした! ジャズや絵画を楽しみ、奔放な娘との接し方がわからない。 そういう人物像もとても好感が持てたし、その、ジャズや絵や娘が ストーリーのキーになっているのも面白い。 無口な主人公ゆえ、計画や意図、作戦、謎解きが 作品の中から伝わりにくいところだけが残念だった。

閲覧数1,798