レビュー一覧に戻る
MI5:消された機密ファイル

low********

3.0

スーパーの袋をぶら下げたスパイ?!

日本劇場未公開の地味~な英国スパイ映画、カーチェイスも軍用機にぶら下がるなんて無茶も無く、銃撃戦も勿論無い。 人は一人死ぬが持病の心臓発作(爺様なので・・) 主演はビル・ナイが自身も還暦越えで、老スパイをリアルに演じている。なにしろ機密ファイルをスーパーのポリ袋に入れて、ぶら下げて移動(+_+) ビル・ナイの所属は英国諜報部MI5、因みにジェームス・ボンドはMI6だそうだ。これはボンドの生みの親イアン・フレミングがMI6の職員だったからだろう。 機密情報を扱う諜報部員といっても国家公務員には違いがない。ここから見ると政治家のなんと厭らしいことよ。 首相はいやな奴だし、対立する女性内務大臣も下心みえみえ。 戦いは会議室のなかで、オフィスのデスクで繰り広げられる。 たぶんこれが本当のところだろう。 そんな地味な老スパイも女性遍歴だけはボンドに負けない! 結婚は?と聞かれて「う~ん、5回にはならない・・」 離婚した奥さんは長年の信頼関係のある上司が再婚してくれ、事務所の女性職員とも良い仲、そのうえ独り暮らしのアパートのお向かいのうら若きレイチェル・ワイズとも良い仲にィィ。 これは諜報という仕事のお付き合いの技と見た。 最後にはスーパーの袋をぶら下げた老スパイがカッコ良く見える上質な映画。週末の夜にでもゆっくり観たい上質なスパイ映画。 この後続編がDVD発売されるので楽しみ。

閲覧数2,396