2014年9月6日公開

ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー

MUPPETS MOST WANTED

1072014年9月6日公開
ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー
3.4

/ 50

20%
34%
22%
14%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

極悪ガエルのゴンゾがロシアの刑務所から逃げ出し、世間を恐怖に陥れていた。一方、ザ・マペッツの面々は敏腕プロモーターのドミニク・バジー(リッキー・ジャーヴェイス)の提案でワールドツアーを行うが、ある日座長のカーミットは自分とうり二つのゴンゾにはめられ、逮捕されてしまう。カーミットに成り済ましザ・マペッツに潜入したゴンゾは、世界を股に掛けた陰謀をたくらみ……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(4件)

ファンタジー22.2%かわいい22.2%コミカル22.2%楽しい22.2%泣ける11.1%

  • 裏目死魅呪呼

    3.0

    フォジー・ベア2

    トム・ヒドルストンさんが出ていると聞いて、この映画を見ました。トムさん中々出てこなかったけど、カワイイマペッツたちに癒され退屈はしませんでした。中でも、とびきりキュートなフォジー・ベアが好きです。カワイイです。

  • e_s********

    4.0

    楽しんだもん勝ち(^^*)

    マペッツと呼ばれる人形と人間が、普通に共存している世界、パート2~ カエルのマペッツ、カーミットはホクロの違いだけで、あとは瓜二つの凶悪犯、コンスタンティンと間違われ、シベリアの強制収容所へ送られる… 収容所の強面囚人たちのミュージカルは、逸材! ダニー・トレホや、レイ・リオッタらが歌って踊っているから、凄い(^_^; 入れ替わりにコンスタンティンの悪巧み… なかなか大掛かり! カメオ出演者の凄さ! 子供向けなのに、大人も楽しめるように作ってある 数秒のクロエちゃんや、ジェームス・マカヴォイ、まばたきしてる間に見逃しそう~(笑) そんなカメオ出演者が、実に多い 探して楽しむのも良いですね~♪ おまけに、世界の名所も楽しめますね~♪ 昔、子どもたちと一緒に見た『セサミストリート』を思い出した(*^_^*)

  • oce********

    3.0

    カメオの方が豪華

    1がヒットしたため出来た2作目だが、案の定物語は適当であり、マペットを始めキャラの個性に任せている節がある。 カーミットとそっくりな偽物がお尋ね者として上手いことカーミットと入れ替わるとこから、マペットたちの混乱が始まり、いかにして元の鞘に収まるかという筋立て。 マペットの多さも豪華だとは思っていたら、この2作目やたらと名のあるスターがほんのチョイ役で出て来る。 わずか数個のセリフだけでハリウッドスターだったり、ミュージシャンだったりが登場する。 レディー・ガガやアッシャーなどミュージシャンのカメオが個人的にはすごいなと思うが、そういうのを探すのが主な見方でも構わないかも。

  • nna********

    4.0

    アナ越え 秀逸オリジナルサウンドトラック

    案の定 トレイラーにはそそられず Ne〇fliXで鑑賞。 なんったって サウンドトラックがキレにキレている。80年代風の曲調/歌い方に 散りばめられたスパイスに腹を抱えて笑った。 牢獄を案内するティナ・フェイの唄う ”The big house"、 牢獄内のミュージカルプレイ ”Working in the coal mine" (もろ韻を踏んでいるタイトル) トレホ親分がレイリオッタ(ハンニバルのパロディも勿論織り込み済み)と踊ってる!!!、 ピカイチなのが ミス・ピギィへ捧げた”I'll get you what you want"。 一体日本語でどういうカタチに仕上げるのか分からんけれど 合いの手の言葉とかも勝手に書き換えてしまわぬ様にと願ってます。 んで 調べてみたら 好きだったトラックは全て Bret McKenzieが歌詞担当。 あ~  Flight of the Conchords の人だ~!  どうりで 聴いたことのあるよな雰囲気がっ て思ってたよ。 そうか~ 牢獄キング(Jemaine Clement)相棒だもんな~ だから演じてたのか~。 Jemaine Clement ダンスも良かったじょ~。 このTVシリーズ NYに住むキウイ(ニュージーランド人)のバンド二人組(どっちかと迷わなくてもロックではなくてフォーク)のイケてない冴えないお話。 2シーズンあって1シーズン目はイギリスから友達(物書き志望)がDVDを送ってきてくれて こっちでもとっくにHBOで放映し終え レンタル屋にも出てたのに 「あ~わざわざ送ってくれたけど もったいね~な」とパッケージみる限り あんま気はそそられなかった。。。 ハマった。 こいつらを取り巻く人々が外れてて 堪らない。 マネージメントする時代遅れのキウイ、夫の目の前でも燃え上がるコアファン、近所の電気屋・・・ このシリーズの後 みんな売れてるようで色んなとこで観ます。 もうさあ 日本や米国のTVドラマの様に 美化美化には決して描いちゃあない。(まあコメディだしね)  この自虐性って イギリスに通じるものがある。(やっぱね) ほんとに ちらっとしか出てない超有名人が一杯。 ガガは一体いつの頃のガガなんだろうな な 今は昔のスリム型。 J・マカヴォイはクレジットで気がついて見直したし S・トウッチなんてほんの2チラッ。 ・・・そうかあ ミス・ピギィはC・ディオンが憧れ だったのね。。。 ・・・・・でもなあ ♪レッイットゴー・・・♪ ありのままの~ のような大ヒットはならんな~。( あの原曲の歌 映画の中でも違和感ありありで 確かにフレーズは頭にこびりつくけど イラついてた。 それが賞をとったのにもビックリだけど その歌い手の歌い方がどんどん主張が激しくてガナリ立ててるのが止まらなくなってるのにも うんざり。 日本版の沙也加&松の方が完全に勝ってて 断然いい。 ・・・もう絶叫型はいらん ! 声量がとガナリ立てでスタンディングオベーション・・・オーディション番組の弊害だ。(あてえは観てないけど・・・)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー

原題
MUPPETS MOST WANTED

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日