ここから本文です

必殺仕事人2014 (2014)

監督
石原興
  • みたいムービー 6
  • みたログ 25

3.95 / 評価:19件

時事ネタと不自然な一部配役の降板が

  • tit***** さん
  • 2016年11月19日 19時26分
  • 閲覧数 127
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まあスキャンダルもあってジャニーズ事務所のタレントですらなくなってしまった田中聖氏演ずる仕立て屋の兄ちゃんがいなくなった事について何の説明もなかったのは不自然で、何か色々こじつけでも出来ただろうにでしたが、2012のキーキャラだった弥勒坊の双子の兄役として高橋英樹氏が再演される事になったのも意外なキャスティングでしたね。

トランプ氏が次期大統領という事でかなり雲行きが怪しくなってきたTPPという時事ネタを盛り込んでいたのも特徴的で、原作の世界観には詳しくないですが、この必殺シリーズって「遠山の金さん」等同様江戸時代と言ってももう終盤
もいい所な時代設定だったのですかね。仕立て屋の兄ちゃん退場で1枠空席となったジャニーズ枠にはHey!Say!JUMPの知念侑李氏が据えられ、若年としては佐々木希氏共々それなりに頑張っていたのも伝わりましたが、セリフ喋り等やはり硬かったかなあでした。

5代将軍綱吉治世下での、結果的には庶民にとっては迷惑だったけど、生類憐れみの令等泰平の世になったと思いきや、その開国派だった加門が仇討屋制度を導入したのですが、起こりうるデメリットとか良く議論しなかったから冤罪者も殺害される等の悲劇を産んでしまったのは必然的でした。自分より各下の一般庶民等を平気で見下していたのも小物臭かったですが、野心ありきで確固とした信念とかは皆無でした。だから中之島らに「俺たち知らね。あとはお前1人で責任とって」と見限られた際あのような醜態をさらしたのですが、隆斎(知念氏演ずる隆生の育ての親)を殺した、これまた卑劣な小物だった源兵衛共々キャラ立ってませんでした。

確かに、こいつらやその他主な幕府高官達にはそれ相応の報いは下されて、それなりのカタルシスはありましたが、佐々木氏演ずるおつうが帰ってくるわけでもなく、欲にかられていた村人たちも相変わらず「ナントカは・・・・・」だったでしょうしね。不満点も皆無ではなかったけど、ジャニーズ版仕事人シリーズとしてはそこそこ以上な方だったと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ