ここから本文です

オオカミは嘘をつく (2013)

BIG BAD WOLVES

監督
アハロン・ケシャレス
ナヴォット・パプシャド
  • みたいムービー 129
  • みたログ 431

2.78 / 評価:273件

全てがダサい、ある意味凄い。

  • san******** さん
  • 2016年11月5日 3時46分
  • 閲覧数 1647
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ネタバレ有りとかどうでも良いレベル

こんなひどい映画は久しぶりに観ました。
オープニングからの数分だけ星1付けて良いレベル。
他は0です。

カメラワーク
演出、脚本、音楽
全てがクソダサい。

突っ込みどころが多すぎて何も言えない。

物語を進めるにあたり
容疑者がなぜ容疑者になったのか
あそこまでのリスクを背負い拷問する程の証拠すらない。
犯人かわからないのにとことん拷問するアホ映画。

特に酷いのは演出
ピンと張り詰めた空気をクソ映画なりに至る所で作り上げるが、母親からの電話だのケーキが焼けただの、父親がスープ持ってきただのサスペンスとしてもコメディとしてもなんにも出来てない。

わけがわからない。
なぜそのカットが必要なのかもわからない。
コイントスでコインが落ちる間抜けな映像が必要な理由もわからない。

娘が殺されてるのに笑いながらケーキ作る心情もわからない。
復讐心で頭がいかれたとするならば
至る所でプツッと糸を切るような笑いの要素はいらない。

全てがダサい

ここ10年でブッチギリのクソ映画
評価どころか映画として存在する理由もわからない。

ほとほと呆れる。

頼むから皆んな観ないでください。
時間の無駄です。テレビで放送されたとしてもテレビを消す事をお勧めします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ