ここから本文です

6才のボクが、大人になるまで。 (2014)

BOYHOOD

監督
リチャード・リンクレイター
  • みたいムービー 796
  • みたログ 2,574

3.67 / 評価:1733件

子どもに感情移入し、号泣。

  • 天津飯 さん
  • 2014年11月22日 23時37分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトル通り、6歳の子どもが成長する過程をリアルに描いた作品ですである。

リアルなのも当然。本作では6歳から18歳までの12年間の子どもの成長を描いているのだが、本当に12年間撮影し続けているのだ! ただし、ドキュメンタリーではなく、ちゃんとした脚本があり、俳優さんも演技している。

夏休みの時間を利用して、毎夏映画撮影を行い、今年になってようやく公開した映画なのである。映画評論家の町山さんの言葉を借りれば、キャストが事故で死んだり犯罪に手を染めてしまったら撮れない映画であり、奇跡の一作なのである。

6歳の子どもは、大人になるまで結構キツい人生を強いられる。度重なる離婚や虐待が待ち構える。私自身、両親が離婚し、父親のアルコール中毒に苦しめられた経験がある。本当にリアルな描写が多いため、自身のトラウマを揺さぶられた。

しかし彼は、大人になるために強く生きていく。そんな彼に、私は涙を我慢できなかった。

主人公だけでなく、姉や母親・父親などの描写も多い。劇場では、中年女性達が、母親の子育て論について非常に共感できた、との感想があった。誰が観ても、自分と同じ境遇の人間が描かれている。

自分の人生と重ねながら、彼らの生き方を辿ってみてはいかがでしょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ