ここから本文です

妻が恋した夏 (2014)

監督
いまおかしんじ
  • みたいムービー 17
  • みたログ 46

2.12 / 評価:33件

解説

『苦役列車』の脚本を務めたいまおかしんじが監督と脚本を担当し、夫が他界した妻の知られざる素顔に迫るヒューマンドラマ。自分ではない誰かの子供をお腹に宿したまま逝った妻の軌跡を、残された夫がたどる姿を映し出す。『白ゆき姫殺人事件』などの宮地真緒がヒロインを演じ、その夫を『25 NIJYU-GO』などの金子昇が好演。同じ屋根の下で暮らしながらもすれ違う夫婦の姿はもとより、人間の業を描く物語に熱中する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

会社員の浩二(金子昇)は、ある日突然妻のかおり(宮地真緒)を失い、医師に彼女が妊娠3か月だったことを知らされショックを受ける。夫婦仲はよかったものの、しばらくはお互いの体に触れることはなかっただけに、浩二は亡き妻の裏切りへの焦燥を募らせていく。そんな折り、彼はかつての不倫相手玲子(穂花)と再会し、衝撃の真実を聞かされる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ