ここから本文です

ランナーランナー (2013)

RUNNER RUNNER

監督
ブラッド・ファーマン
  • みたいムービー 46
  • みたログ 393

2.72 / 評価:244件

大逆転?

  • mr_***** さん
  • 2020年1月30日 9時48分
  • 閲覧数 535
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

題名の「ランナーランナー」(原題も「RUNNER RUNNER」 )とはどういう意味だろう?
追いつ追われつ、みたいな意味かな、と思ったら違いました。
ポーカー用語で、最後の2枚のカードで、大逆転することだそうです。

カジノやギャンブルの映画はスリリングで楽しいですが、この映画ではオンライン・カジノなので肝心のギャンブル・シーンがほとんど無いのが致命的。
テレビ・ゲームのポーカーみたいで緊張感無し。

オンライン・カジノで全財産を失った学生のリッチー(ジャスティン・ティンバーレイク)はシステムのエラーを発見し、コスタリカのオンラインカジノのオーナー、ブロック(ベン・アフレック)に会いに行く。
普通、そんなに簡単に会えないだろ、と思うがアッサリ会えてしかも、彼の仕事を手助けすることになる。

始めは順調だったが、わいろや買収がものを言う世界。
悪の組織とのつながりもある。
リッチーはトラブルにあって、命の危険を感じるようになり逃亡を図るが、果たして・・・みたいな展開。

結局、リッチーも金で窮地を逃れようとするのだが、相手は信用できない連中。
助かったのは単に運が良かったから、としか思えない。
ましてブロックを罠にかける、なんてことは無理。
リッチーの計画そのものが杜撰で実際はうまくいくわけがない。
脚本に無理矢理感のある映画。

そんなわけで、高い評価はできません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ