ここから本文です

王の涙 イ・サンの決断 (2014)

THE FATAL ENCOUNTER/KING'S WRATH

監督
イ・ジェギュ
  • みたいムービー 119
  • みたログ 372

4.15 / 評価:277件

中盤から筋が明快化し怒涛のラストへ

  • sol***** さん
  • 2020年9月15日 21時03分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

序盤は錯綜し過ぎて分かり辛いが中盤から人物相関図もクリアになり一気にクライマックスまで駆け抜けていく感じ。

史実かどうかは知らないが、18世紀朝鮮王族における「王様」暗殺当日を焦点としたサスペンス殺陣活劇。

現代韓国映画でよく見かける俳優たちが違和感なく各役柄を好演。
時代考証的な正確さは分からないが、映画的演出は申し分ない印象。
アクションパートでのスローモーション多用は好みではないものの殺陣描写は十分以上と感ず。

王暗殺側についていたはずの老将軍がなぜ王側に寝返ったのか些か説得力には欠けるが、王の「男気」に心打たれたのだろうとこちらで補足。

暗殺首謀者でもある義理の祖母も赦免と無駄な血は極力流さない。
しかし、地下牢で孤児を暗殺者に仕立てる頭領は粛清と斬るべきところは斬り捨てる。

「正義の剣王であり賢慮ある文王」というヒーロー像を鮮やかに描き出した佳品。
しかし、感動するまでいかなかったのは中世朝鮮を知らぬが故の戸惑いが大きく、正義の王様にさえ感情移入しかねたから。
総評3.5の三ツ星

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ