ここから本文です

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 (2015)

MORTDECAI

監督
デヴィッド・コープ
  • みたいムービー 377
  • みたログ 1,442

2.49 / 評価:966件

軽るるるる!

  • UrbanDockGoer さん
  • 2015年2月11日 21時48分
  • 閲覧数 846
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

“パイレーツカリビアン ワールド エンド”でその絶妙なお笑い芸に出会って、以来デップのファンになった。楽しみにしていた本作。デップのお笑い芸は本作でも如何なく発揮されているので、楽しめた。 が、それだけとも言える。


《物語》
忘れた・・・

数日前に観たばかりなのに、「あれ?」となるくらい、話は有って無きがごとく。
記憶を絞り出すと・・・

インチキ画商モルデカイ(ジョニー・デップ)は豪邸に住んでいるものの、差押さえ目前の窮状。そんなとき、修復作業中の名画が何者かに盗まれる。 旧知の仲の刑事マートランド(ユアン・マクレガー)に半ば脅迫されて、名画の捜索に協力させられる。

モルデカイは絵画取引の闇ルートの人脈や妻(グウィネス・パルトロー)の協力で絵画にたどり着くが・・・



《感想》
物語はそんなもんで、絵を手に入れるまで、そしてエンディングまでひたすらドタバタ喜劇が展開される。物語には深みも感動も無い。ひと言で言えば、「軽~い!」

それはそれで、悪くは無いと思うけど、俺は。 俺が嫌いなのはコメディーなのに無理に“いい話”を入れようとしている作品。本作は“いい話”なんて、何も無いから(笑) それが、物足りないと思う人もいるのかも知れないが。


俺的に1つ物足りないと言えば、ヒロインか。グウィネス・パルトローは俺的にはワクワクしなかった。 これがアンバー・ハードなら、プラス★1つだったよ、デップさん。 



それにしても現在のYAHOOレビュー評点、約2.5はちょっと低すぎる気がする。確かに傑作とは思わないけど、他作品との相対評価で言えば、3~3.5が妥当なところでは。

ジョニー・デップ ファンは心配せずに観ていいと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ