ここから本文です

暮れ逢い (2013)

A PROMISE/UNE PROMESSE

監督
パトリス・ルコント
  • みたいムービー 29
  • みたログ 110

2.95 / 評価:61件

切なさのかけらも感じ取れない。

  • スーザン さん
  • 2016年6月11日 16時20分
  • 閲覧数 1114
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

叶わぬ恋愛を描いた作品というものは、胸が引き裂かれるほどの切なさを観客も感じ取れなくてはならない。

そして、ひたすら“待つ”という苦しさも。

ところが、この作品ではその一番肝心なところが全く伝わらない。
だいたいこの役にレベッカ・ホールが合っていないのではないだろうか。
頑張るも、空回りの印象である。

演出的にもあまりに淡白過ぎ。
もっと濃密な感情が欲しい。

唯一良かったのは、男が女のピアノを愛撫するような仕草をする演出。
グッと来たのはあのシーンだけ。


邦題の『暮れ逢い』って、『逢びき』と『慕情』を足したのかしらん?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ