ここから本文です

振り子 (2014)

監督
竹永典弘
  • みたいムービー 85
  • みたログ 425

3.41 / 評価:364件

女優陣の魅力、だけ

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2018年2月17日 2時19分
  • 閲覧数 797
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 この人が主演と知った時点で、たいていの映画は見たくなくなるんですが、ネット上で「感動した」「泣いた」と大騒ぎされてるんで、どんなかな、と。

 うん。これなら納得できるわ。
 若い頃は、ちゃんと別人(石田卓也さん)が演じてて、こちらはサキが一目ぼれした理由にも安心して共感できる。バカだけど一途、誠実。
 配役が代わって結婚してからの、頭カラッポで、計画的行動というものがまったくできず、一時の感情だけで突っ走り、当り散らし、それにどれだけ他人が傷ついているかに気づく能力が完全に欠落していて、とりかえしがつかなくなってから何の罪滅ぼしにもならない看病やって自分をなぐさめてる、このキャラ、ぴったりだわ。

 サキ役の方も、学生時代(清水富美加さん)、結婚後(小西真奈美さん)、どちらも、イメージにぴったりで、いいですね。大介のアホさ加減に腹を立て始めたら見るのが嫌になる映画ですが、彼女(たち)の清楚な魅力を味わえるという点では、悪くない映画でもあります。こんな彼女&ヨメさんがいたらどんなに幸せだろう、とか思いながら。

 原作は知らずに見ましたが、この実写映画に関する限り、ストーリーは凡庸としか思いませんでした。定型の「お涙ちょうだい」物語です。これに泣けるのは、この大介という男が許せる人だけでしょうが、私は絶対に許す気にはなれませんので。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ