レビュー一覧に戻る
サムライフ
2015年2月28日公開

サムライフ

1182015年2月28日公開

堀田

3.0

いい話を軽く描いてしまったエンタメ作品

う~ん、脚本、演出部分が何とも勿体ないなと感じてしまった作品でした。 熱血教師の実話を元に作品造られた本作。 主人公は熱い夢を持ち、ボランティアで実際に子供たちのケア活動をしている素晴らしい人物なのに、GTO的なやんちゃな先生像を出したいのか赤いオープンカーやたばこをふかすシーンがやたらと目につきました。また先生なのにすぐ自暴的になってくじけたり、あきらめたりと残念な部分が多すぎます。 本当にそういうことをしている人物だったとしても妙にチャラついたところはそんな必要なかったのではないかと感じずにはいられませんでした。 ぱっと思いつきで本を作って、人気者になって、実際に学校を作る。肝心の部分があまりに簡単にトントン拍子で行き過ぎていて感動に欠けます。映画の内容では若者たち4人が夢ややりたいことが見つからないからと言って、本当にこの人になぜついて行くのか疑問でなりません。もっと先生の学校時代のエピソードを入れ、それぞれのきっかけのようなものを見せてもらわないとなぜそんなに魅力的な人なのか最後まで伝わってきませんでした。 実際の侍学園は今なお継続されており、支援者も増え素晴らしい活動だと思うですが、なぜこんなに雑に描いてしまったのか残念でなりません。 三浦さん、松岡さんはじめフレッシュな面々で力強く青春ドラマを作り上げていた分気の毒でした。

閲覧数907