レビュー一覧に戻る
繕い裁つ人
2015年1月31日公開

繕い裁つ人

1042015年1月31日公開

nor********

5.0

価値観をテーマとした成長物語

 浮世離れした洋裁店のかかわる人情物みたいな話かなあと思っていたのだけど、観てみるとしっかりとしたテーマのある成長物語だった。  先代の遺志を受け継ぎ一生ものの服を繕う事だけが二代目の在り方だと信じる洋裁店店主。自分の色を出すことこそが人生の意味であり、変化する事を恐れるのは逃げだとするデパートの男。お互いがお互いに影響を与え合い、物語が進むにつれて二人共の考え方に変化が訪れる。それをどちらが正しいというわけでもないスタンスで描いているこの物語は、強いテーマ性を保ちながらも多様性を認める優しさに満ちている。  現実世界だって間違いなく正しい、という考え方なんて皆無に近いわけで、それでもそんな中私たちは自分たちの価値観を正しいものとして押しつけあってしまう。そういう傲慢さを穏やかに気づかせてくれるこの作品は、十分に価値のある映画だと思う。  テーマ性が強い分退屈もせずに観られる。穏やかな映画なのでドラマチックなものを映画に求める人には向かないと思うけれど、人が生きていくにあたって気を付けなくてはいけないことを再確認させてくれる映画だと思う。

閲覧数1,848