ここから本文です

味園ユニバース (2015)

監督
山下敦弘
  • みたいムービー 104
  • みたログ 661

3.46 / 評価:542件

赤犬とジャニーズ、夢の共演in大阪

  • たまごボーロ さん
  • 2018年4月29日 0時00分
  • 閲覧数 1607
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

関ジャニ∞の渋谷すばるさんがムショ帰りのヤクザ者を演じる。
役柄の過去はあまり語られないが、相当荒んだ暮らしをしていたらしく、肉親にも見放されていて、子供にも会わせてもらえない。
このやさぐれた汚れ具合が、とてもいい。渋谷さんは小柄で痩せていて喧嘩が強そうには見えないし、童顔と言っていいような可愛い顔をしている。
それなのに、狂犬のような危うさを感じさせる。泥と血と汗で汚れた顔がドラマティックだ。
記憶喪失でぽやーっとした「ポチ男」の顔から、記憶を取り戻したヤーさん丸出しの顔へのスイッチが鮮やかだった。相手を半殺しにするまでしつこく殴り続けるすばるくんの猫背が怖い。

とにかく、渋谷すばるという人の魅力で持っていく映画だと思う。
歌声の力強さは素晴らしい。歌うまヤクザって何だそれ、と思うけど、渋谷すばるの魅力を最大化するための設定なんだろうから仕方ない。
渋谷さんの大阪弁は音楽的で心地よく、これも関西ネイティブならではの魅力が生きている。
何より、赤犬という知る人ぞ知る大阪の濃ゆいバンドと、ジャニーズのトップアイドルが同じ舞台に立って違和感がないという奇跡。
話自体はリアルとファンタジーの加減が中途半端に感じられたものの、演者の魅力が楽しめる作品だった。ラストカットのすばるくんの素の笑顔が眩しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ