忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM #1 ~入門編~
4.2

/ 59

66%
12%
12%
0%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(26件)


  • yas********

    5.0

    号泣

    亡くなった時に初めてこのヒトにヤラレていたのに気づいた私・・・・ もう、オープニングの「よぉーこそ」で何故か号泣(TT) 「聞かせたい歌がたくさんあるのさ~」ってホント聞かせてくれよ~みたいな。 イイ感じにアオッた後にタイムスリップしたりしての抜き差しの編集演出が結構秀逸。うまく出来てるな~☆もうホントこのヒトがこの世にいないのだ、って思うと悲しみに暮れてしまうと言うか暗澹たる気持ちになるけど、こーして大スクリーンと音響の中で再開出来る喜び爆発! 「ちょっと高いかな・・・」と鑑賞を逡巡してたオレの馬鹿バカばか!先週のULTIRAスクリーンで上映中に鑑賞すれば良かった・・・・ 追悼特集以来「ドカドカ」を聞くと涙腺が決壊する妙な私(なぜなんだろう?)スクリーンに向かって滂沱の涙を流したのでありました・・・・ ♯2が早く見たいです☆☆☆

  • cjd********

    5.0

    ネタバレ映画館で清志郎をひとりじめ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wmj********

    1.0

    今年最高の映画を貶めるような評価はヤメテ

    忌野清志郎は、社会を痛烈に批判し続けた。反原発ソングもその一つだろ。 なんでそういう政治的な事が軽く流されているのか? そしてこれほどまでに軽薄になった内容の映画が高く評価されるのか? 忌野清志郎自身がこの映画を見てなんと思うのか? おそらく 「いいか てめいら『KANO』を見ろよ。俺を描いた映画は 糞だ!」 と吠えていたと思う。 最近の日本映画は内容を綺麗にまとめすぎるよ。 人なんてもっとエグイだろ。

  • ama********

    5.0

    あきれて物が言えない人はロムってな。

    私はコアなファンですが、なかなかお目にかかれないレザーシャープ時代の映像が見れて大満足です。これから第2弾、第3弾と続くようで楽しみです。 梅田での上映時間ですが、夜の上映時間の終わりが23:40とかで終電に乗れません。上映時間帯をもう少し調整してくれれば何回も見に行きたかったです。 このレビュー欄で、なんであれはカットされているんだ、とかなんであの歌はないんだとか書いている人がいますが何よりこれは入門編。 もう会えない清志郎にスクリーンで再会させてくれた制作サイドに感謝です。その制作サイドを批判する人は迷惑行為で不愉快。ロムってください。

  • kyu********

    5.0

    まるでコンサート

    内容は、RCサクセションのコンサートに行ったような感じです。この値段でまた清志郎に会えるのなら、安いもの?一つ一つの映像は何処かで見た事のある物も多かったですが、大画面で見るとまた違った感じです。まさしく、コンサートにいるような感じです(観客は静かですが)。観客はやはり40−60歳位が多かったでしょうか?1人で来ている女性も結構いました。とりあえず、この映画を作ってくれて有難うといいたい。お金ではないです(清志郎も言っていますが)。この映画の作製者と、観客と、私は忌野清志郎を介して友達なんだなと思いました。 見た感想は、「素晴らしい」。ファン以外にも見て欲しいです。清志郎はまだ何処かで生きていると、再確認できました。

  • non********

    1.0

    ネタバレあきれて物も言えない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tst********

    3.0

    確かに

    切ない。しかし、昔の映像が少なすぎる。「昔」とは、80年代前半までのことを言う。それ以前とそれ以後では、「キヨシロー」の意味づけが違うように思える。80年代前半にキヨシローに打ちのめされた者としては、90年代以降の映像が多すぎて、薄っぺらく思えた。90年代以降の「清志郎」が、悪くはないのだが。「ブンブンブン」「いいことばかりは…」や「sweet soul music」がなっかたのもマイナス。必須でしょう。

  • miyta

    5.0

    チャーミング

    特別ファンでもないけど、ずっと声が好きで気になる存在だった。えぃやっと1人で見にいきました。両隣もお一人様で両方泣いてたな。改めて名曲山盛りで、セクシーで大好きな歌声でした。そして歌詞が全部聞き取れる素晴らしさ。メイクして派手なイメージだけど、中身はあたたかくて真面目なんだと、とびきりチャーミングなラブ&ピースを実感。生のステージ見逃した無念はあるけど見に行って良かった。大満足でした。あと、あのマント係り?執事?の人が背中トントン叩くシーン大好きでした。実はすごく誠実に楽しませよう楽しもうという、可愛らしい優しさに溢れてる気がした。

  • pas********

    5.0

    最高のRock'n Roll Show !

    時空を超えていろんな清志郎に会えます。サイコーです!! 初めて生の清志郎の歌声を聴いた西武球場、クリスマスの武道館コンサート、夏の野音、完全復活祭、最後に聴いたふぁんくらぶ祭りのライブ... スクリーンの中の清志郎を見ながら、今まで行った数々のライブを思い出し、知らず知らず一緒に歌いながら泣いていました。 酷いニュースが流れる毎日、清志郎がシャウトし続けていた「愛し合ってるかい?」「Love & Peace!!」が身にしみる日々です。きっと「なんでこんな世の中になっちまってるんだ〜!!」と天国でシャウトしてるのかと思うと、いちファンとして申し訳なく、何かしなくては、何ができるのかと考える毎日。 一緒に連れて行った特に清志郎ファンではなかった中学生の娘が見終わって一言「...かっこいい!!」 惜しむべくは彼女にも清志郎の生歌を聴かせてあげたかった。ライブ会場の熱気を肌で感じさせてあげたかった。 それでもスクリーンから伝わってくる清志郎のパワーに若い世代の人々も何かを感じ取っているのがわかり、胸が熱くなる夜でした。 娘も私も初級編・中級編・上級編・・・続編まってま〜す! 素敵な映画を製作してくれた監督さん、関係者の方々に心から感謝です!!

  • sor********

    5.0

    この映画こそ

    忌野清志郎を知ってる世代は勿論、忌野清志郎をリアルで知らない若い世代の人が観ても凄い楽しめると思います! 知らないと思っていても、「あ、この曲清志郎なんだ!」って発見がきっとあるはずです! 映像も音も凄く綺麗で、今、そこでライブしてるような迫力、圧巻でした。 予習しないで映画を観て、それからじっくり復習してます。 この映画こそ、正真正銘の“全年齢対象”。

  • cop********

    5.0

    みてみて

    忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー どかどかうるさい  ロックン・ロール・ショーの始まりです(^^♪ 理屈なしで KING OF ROCK清志郎 を楽しんでください ノリノリで 愛し合ってるかい^^

  • なまけもの

    5.0

    入門編?

    これが入門編なら中級、上級になれば一体、どうなってしまうのでしょう?想像できないww 不覚にもオープニングから泣いてしまいました。 復活ライブからタイムマシンで過去に遡るような演出も良かったです。 清志郎はずっと愛と平和を叫んでいたんだと、改めて感じました。 キヨシロ〜ありがと〜

  • kcj********

    5.0

    イマーノさん いつの時代も素敵!

    ステージを駆け回る姿、若くてとんがっている時は最高にカッコいいし、時と共に段々と優しさが顔ににじみ出てきて…涙なくして見れません。10代でRCのファンになったのは私の唯一の財産です。今の若い子たちに見て欲しい!聴いて欲しい!続編期待しております。

  • 10yan

    5.0

    やっぱり!清志郎!カッコイイ!

    選曲、結構いいかも。  というか、清志郎は、どの曲もいいから。  自分は、フォーク時代のあとの、「ステップ」からの人なので、80年代の頃の映像は、本当に懐かしかった。  清志郎がミック・ジャガーみたいな踊りと格好で上がった、武道館のステージの頃が一番好き。バンドの勢いにどんどん拍車がかかり、清志郎の顔の細さ、メイク、髪型、体形、声、ジャンプの高さ、回転のキレ、すべてがカッコイイ。  ネットに転がっている動画もあるけど、大きな映像と音で観られて、本当に嬉しかった。まだまだニーズがあるんだ。映画館には、お客さんも入っていた。年寄りばかりかと思っていたが、若い人も入っていた。  ソロになる前の、RCのバンド体制のときの清志郎に思い入れがある.今は、こうしたラッパ隊を率いた、ソウルフルなバンドが見当たらない。何かいれば、いつまでも「RCは良かった」、「清志郎はかっこよかった」、などと言わずに済むのに。セカオワのようなバーチャルな世界観のバンドではなく、リアルな手触りのある、R&B、Soul、bluesバンドは生まれてこないのか。当時は、日本でフォークからロックに移行しつつあって、新鮮でパワフルな幸せな時期だったかもしれない。でも、清志郎も言ってたが、デビューのころのベトナム戦争と紛争やテロの今と、社会は何も変わってない。  観終わったあとに、RC、清志郎のいない欠落感に襲われる、最高過ぎるライブ・ビューイングだった。

  • wasi

    5.0

    キヨシロー

    キングでゴッドで神だった。素晴らしいフィルムでした。入門編#1というタイトルなので次も有るのでしょうか。清志郎、RCを知らない若いロッカー全員に見てもらいたいです。

  • ysm********

    5.0

    先入観なく楽しめます

    この手の映画ってインタビューを盛り込んで、やたらドキュメントっぽくしたりドラマ仕立てにしたりすることが多いけど、余計な演出なくライブのみで純粋に清志郎の音楽を味わえます。

  • wat********

    5.0

    誰にも代わりはできない

    いつまでも見ていたいような素晴らしい映像でした。 生き生きと歌う姿がかっこよくもあり、また可愛くもあり。 楽しませてもらったと同時に、彼はもういないなんて、とても切ない気持ちになりました。 続編も期待します。

  • uta********

    5.0

    キヨシ不足解消

    久しぶりのあの声、あのアクション、そんでソウル。やっぱLIVEで観たいけど。

  • yum********

    5.0

    唯一無二のブルースマン

    あっというまの2時間半だった。 心がふるえた。 こんなにもせつなく、歌がストレートに身体に飛び込んでくるシンガーが他にいるだろか。 つくづく、もう二度と生の歌声を聞くことができないことを悔やんでならない。 私が行った劇場は見事なまでに同年代のおじさん、おばさんしかいなかったが。 彼を知らない若い人たちにも是非見てもらいたい。 彼こそ唯一無二の歌い手なのだ。 映画をつくっていただいた関係者の方々に感謝します。

  • nin********

    5.0

    素晴らしい内容です。

    入門編ということであまり 期待はしていなかったのですが 予想以上に感動して涙しました。 いま20歳で、物心ついたときには、 亡くなってしまい、生で見れないという残念さがありますが、フィルムコンサートのおかげで愛と平和を見直すことができました。 ぜひ同年代の若者に見てほしいです。 聞いてほしいです。感じてほしいです。 清志郎が好きでよかった!と思える内容でした。 次も期待しています。

1 ページ/2 ページ中