ここから本文です

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM #1 ~入門編~ (2014)

監督
太田旬
  • みたいムービー 39
  • みたログ 53

4.17 / 評価:58件

解説

1970年にロックバンドRCサクセションとしてデビューして以来、長きわたり日本のロックシーンをけん引してきた忌野清志郎の軌跡に迫るライブドキュメンタリー。入門編では、1980年代の活躍から、彼が亡くなる1年前の2008年に日本武道館で行われた「忌野清志郎 完全復活祭」までを映し出す。さらに彼のキャリアを象徴するさまざまな名曲も披露。華麗でパワフルなステージに圧倒される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1970年、忌野清志郎はRCサクセションのリーダーとしてバンドを率い、「宝くじは買わない」でシングルデビューを果たす。その後、「雨あがりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」など数々の名曲を世に送り出してきた。やがてバンドはさまざまな紆余(うよ)曲折を経て1991年に活動を休止することになり、清志郎は単独で意欲的に活動を続けるが、ある日病に倒れる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ