レビュー一覧に戻る
ひ・き・こ 降臨
2014年11月29日公開

ひ・き・こ 降臨

- 2014年11月29日公開

shi********

2.0

ひきこの不気味さは最初だけ

自分たちの復讐から次第にエスカレートしていき、復讐請負人となり、やがてそれを崇拝する者たちが現れるという、内容を考えるとバイオレンス的な感じだが、復讐劇そのものはあまりにもお粗末なもの。 もっと執拗さを出して現実味はもちろん、一種の快感のようなものも混在させることで、見応えのあるものに仕上がっていくのだが、手抜きもいいとこ。 というより中心となる3人の演技力の限界なんだろうね。 序盤、同窓会なのに何故か3人しか集まらないという、とてつもなく違和感アリアリの中で、ニコ役の小宮一葉さんの演技はかなり不気味で、ひょっとしたら期待以上のデキかな? と思ったりしたんだけどねー。 また中盤あたりからオカルト的な要素もあるのかなと匂わせており、終盤でその謎めいたものが確信に変わるのだが、どうせだったら中盤あたりから、ストレートにオカルト色を濃くしていったほうがよかったように思う。 それにしても、全然怖くないんですけど。

閲覧数698