ここから本文です

くちびるに歌を (2014)

監督
三木孝浩
  • みたいムービー 565
  • みたログ 2,624

4.23 / 評価:2,564件

いろんなことを教えてくれる映画

  • che***** さん
  • 2019年9月14日 15時51分
  • 閲覧数 710
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分は何のために生きているのか?
それを考えさせてくれる、素晴らしい映画でした。

自閉症の兄とその少年の関係性も素晴らしかった。

柏木先生を始め、中学生それぞれも、自分が誰のために、何のために歌っているのか、生きているのか、自分の中にしっかりとその気持ちを持っていたのが印象的だった。

配役も演出も全てが素晴らしかった。

本番直前の舞台袖で話し合っている時に、本番で歌っている学校の生徒たちの声がBGM代わりとなっていたのも良かった。

ただ中学生が頑張って歌いました、という映画ではなく、歌を通して大人を含めたそれぞれが抱える葛藤と生きる意味を教えてくれ、感動と爽やかさをもらえる映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ