ここから本文です

くちびるに歌を (2014)

監督
三木孝浩
  • みたいムービー 647
  • みたログ 2,942

4.22 / 評価:2825件

現代版二十四の瞳

  • eri******** さん
  • 2020年8月10日 10時10分
  • 閲覧数 1777
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

思った以上に良かったです。
夏休みにゆるゆる観るのに良い映画。大人こそ、懐かしい気持ちで観られる映画だと思いました。

良かったが故に、ちょっと残念だったのがストーリーと配役。
ストーリーは、産休中の木村文乃が、僅か15歳の生徒相手に親友の過去を
ペラペラ話すのは結構引きました。弾けない、ではなく、弾かないでも良かった
のでは?と思います。突然すらすら弾きだすのもかなり違和感があったので。
また、生徒がガッキーの過去を知る必要はない。むしろ知らずに、ガッキーが
一人で過去を乗り越える方が現実的だし、感動出来た気がします。

配役はそれなり良かったですが、主人公の女の子の幼馴染役の男の子が今風過ぎる。あのまま渋谷で遊んでいても違和感ありません。もう少し浅黒く灼けた島の子の感じが出る子か、せめて髪型をスポーツ刈にするなど、素朴な方が島の子、という感じが出てよかったです。

ただ、ケチをつけるならそれぐらい。
とても良い映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ