レビュー一覧に戻る
ナショナル・ギャラリー 英国の至宝
2015年1月17日公開

ナショナル・ギャラリー 英国の至宝

NATIONAL GALLERY

1812015年1月17日公開

yos********

4.0

美術館はどんな場所か、を観るには悪くない

美術をドキュメンタリー映画でどう表現するのかという点に主に関心があり観ましたが、基本的には美術館の在り方にフォーカスが当てられていました。まあそれはそうだよなと思いましたが。 確か冒頭、展示フロアが映されて、そこに確か掃除だったかな?をする職員が映り込んでくる、という場面で始まるかと思うのですが、それがこの映画の見せたいものを象徴しているかなという気がします。 企画や運営、宣伝、絵画修復、研究や調査、講演会、ガイドツアー、絵画教室等々、美術館がどのように動き、そこでなにがなされ、訪れる者はそこで何ができるのかということが提示されていました。 美術館という場所にたまに行っている人間からすると、ただ飾られている絵を観る場所に尽きない美術館の多様な側面が垣間見えるという点で、それなりに楽しめるものでした。 美術を専門に勉強した方や学芸員志望の方にとっては(当たり前の情報も多いでしょうが)さらに見ごたえのあるドキュメンタリーなのではないかなと思いました。 また一人の学芸員が、自らの仕事について、“展示された作品の全てをもって、或いは作品の展示の仕方をもって、単なる個々の作品の羅列に尽きないある種の芸術表現をすることにある“というような趣旨のことを言っていたのが記憶に残りました。(月並みと言えば月並みでもありますが) 一方で、ところどころ絵画そのものにフォーカスするシーンもあったのですが、絵画を映画のスクリーンで観るのは(少なくとも絵画それ自体に関しては)そこまで面白いものではないな、と改めて思いました。 基本的に観る視点や角度、また時間をカメラに規定されてしまうので、作品を作品として見れないというか、ある種「見させられている」感が出てしまうように感じました。 映画だからこそできる観せ方というのもありうるかもしれませんが、少なくともこのドキュメンタリーではそういう面白さはあまり感じませんでした。 (このあたり、絵画芸術と映像芸術との違いというのは、それはそれで考え始めると面白いテーマかなとは思いますが) この意味でも、3時間という長さもありますが、ガイドツアーのシーンで絵画についての説明が延々と続くのは少ししんどいところもありました。字幕を追い続けるのに疲れたというのもあったかもしれません。 ガイドのシーンそれ自体が不要だとは思いませんが、もう少し絞ってもよかったかなと思います。

閲覧数603