ここから本文です

トラッシュ! -この街が輝く日まで- (2014)

TRASH

監督
スティーヴン・ダルドリー
  • みたいムービー 255
  • みたログ 730

3.92 / 評価:507件

インチキ大人なんか大嫌い

  • yab***** さん
  • 2017年4月29日 21時16分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 児童文学が好きだった僕が、いつも幼な心で期待していたこと。それは正義感溢れる少年たちが、インチキ大人をやっつける話。子供目線で大人社会の悪を見抜いて、征伐する話。
 たとえば、エーリッヒ・ケストナーの「エミールと探偵たち」。たとえば、アストリッド・リンドグレーンの「名探偵カッレ君」のシリーズ。
 この作品は、そんな幼な心に抱いた、「インチキ大人なんか大嫌い」の心情を十分充たしてくれる。

 オーディションで選ばれた三人の少年の縦横無尽ぶりが爽やかであるし、子供たちの味方であるマーティン・シーン演じる神父と、ルーニー・マーラ演じるボランティアの先生が、貧富の差を超越した教育者として屹立していて胸がスカッとする。

 政治家も警官も腐敗している。彼らの不当な暴力も横行している。しかし、それに屈しない、ゴミ山と土色に濁った川の狭間で暮らす人々の表情は明るく、その雑多な情景は、むしろリオの海岸よりも青く透き通っているように見える。

 少年たちが警官に追われるシーンは多い。しかしその入り組んだリオのストリートを、縦横無尽に駆け廻る少年たちのスピード感が、とても清々しい。
 これがひとつの財布をめぐって、リオの政治腐敗が暴き出されるミステリーであることをすっかり忘れてしまう。それくらいに、正義の空中ブランコを巧みに操って、悪に宙吊りにされることをうまくかわしていく少年たちの勇姿が、心の奥底までじわーと染み渡っていく。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ