ここから本文です

ハングリー・ハーツ (2014)

HUNGRY HEARTS

監督
サヴェリオ・コスタンツォ
  • みたいムービー 49
  • みたログ 235

3.44 / 評価:163件

妊娠した女性の心理が描かれている

  • pre******** さん
  • 2019年12月25日 18時11分
  • 閲覧数 899
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

コメディタッチで始まる男女の出会い。ニューヨークのチャイニーズレストランのトイレに閉じ込められた2人は、一番恥ずかしい所を嗅いだ、嗅がれた縁でお付き合いする事になります。
しかし、女性に転勤の話が。彼女は大使館に勤めており、このままでは離れ離れになってしまうと危惧した男性のせいで授かり婚へ…。
結婚式で唐突にかかるフラッシュダンス。なんでこの曲をわざわざ流したのか理由が知りたい。笑うとこ?

どんな気持ちで観てたらいいのかと思いながら観ていると、だんだん雰囲気がヒリヒリしたものに変わっていく。

妊娠中のパパママ教室などで、違和感を感じていた彼女は、ふらりと入った占い師の店がきっかけで、ビーガンandスピリチュアル系育児書にはまり込んでしまう。この辺りで、街を歩く女性の不安定な感じが、映像で伝わってくるからすごいです。妊娠中って、なんでも心に響くんですよねえ。

彼女の異変に何となく気がついていながら、好きにしたらいいよ、という男性もあるあるですね。

そんなふうにしてるうちに、子どもが生まれ、女性の潔癖性に磨きがかかり、子どもを守るという大義名分を持ってしまった事で後戻りできないところまで来てしまう。

しかし、こんな風になってしまったのは彼女のせいなのか?というとそうでもない。

母親を早く亡くして、近くに知り合いもおらず、ほとんど孤立した状態の彼女は、もともとこの結婚や妊娠を自分から選んだわけではない。
相談できる、またはお手本になるような存在がない。唯一、相談相手になるはずの義理の母親は、出産を犬に例えるような人なのだから!



ほんとにね、こんなに思いつめなくていいんですよね。終盤、女性が赤ちゃんを連れて海に行く所があるのですが、そこでの彼女の美しさ。ここに、もっと早く家族3人で来ていれば。

きっと、観る年齢によって印象が変わる映画だと思います。10年後に観たら、また違う感想を持てるだろうなと思える作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ