2015年8月8日公開

さよなら、人類

EN DUVA SATT PA EN GREN OCH FUNDERADE PA TILLVARON/A PIGEON SAT ON A BRANCH REFLECTING ON EXISTENCE

1002015年8月8日公開
さよなら、人類
3.0

/ 235

17%
17%
29%
22%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

パッとしないセールスマンコンビのサム(ニルス・ヴェストブロム)とヨナタン(ホルゲル・アンデション)は、面白グッズ販売を目的にさまざまな人々を訪ね回っていた。その際に彼らは、ワインを開けようとして心臓発作を起こしてしまう夫と異変に気付かない妻、天国まで持っていくと宝石入りのバッグを手放さない亡くなる直前の老女など、切なくもこっけいな人生模様を目の当たりにする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(49件)

不思議16.5%笑える12.2%コミカル10.1%不気味9.4%切ない9.4%

  • つとみ

    4.0

    他人の人生を俯瞰して、自分の人生を想う

    観始めたら、「生きることについての3部作、その最終章」と書かれてるではないか。なんてこった!1も2も観てないよ! と、思ったけど、どうやら特に問題はないようで一安心。 何度か予告は見たことがあって、ただならぬシュールな雰囲気に「これは迂闊に手を出してはいけないヤツだな」と感じていたのだ。 その時感じていた通り、画面の中央に登場した人物の背後で、同時に違う出来事が起きているのである。ちょっと目を奪われたスキに、背後の人物たちにも動きがある。難易度高ぇよ! 右目と左目で別の出来事を捉えつつ、頭の中はフル回転でその意味するところを想像する。そして容赦なく切り替わるエピソード。 「アレってもしかしてこんな事を表現してるのかも?」と2、3個前のエピソードに思いを馳せつつ、現在進行形のエピソードをやっぱり右目と左目で必死に追いかける。 インタビューやレビューをいくつか読むと、「39個のワンシーン・ワンカットの連続はまるで絵画のよう」と書かれていたが、なかなか上手い例えだ。さながら「さよなら、人類展」を見に来たような感覚で、観客は可笑しくも物悲しく、皮肉と慈愛に満ちた展覧会をコース通りに一周りする。 時々すごく好きな絵があったり、なんじゃこりゃ?と思うような絵があったりする。中心に描かれた人物が魅力的でなくても、背景に描きこまれた人物や風景に惹き込まれる事がある。そんな絵が連続している映画なのだ。 最終章というだけあって、生きることの最後は死ぬことである。死は理不尽に生きることを終わらせる。思えば39個のエピソードには、理不尽なことが多い。 ダンス講師に体をまさぐられることも、商品の代金を払って貰えないことも。何かをしたい、と思った時に対価として行う行為は「そんなことで良いの?」と思うようなハードルの低さもあれば、「そんなことしなきゃ駄目なの?」と思うような嫌悪感を伴うものまで様々。 ハードルが高い方の対価は、求められる側にとっては理不尽でもある。そんな理不尽の連続が生きることなら、生きることの楽しみとは何だろう? でも人はしばらく安否のわからなかった知人と連絡をとったら、何はともあれ「元気そうで良かった」と口にする。生きていること、それだけで「良かった」のだ。 「元気そうで良かった」というセリフや、リパブリック讃歌、サムとヨナタンのおもしろグッズセールストークを劇中何度も聞く。 リパブリック讃歌は日本だと「権兵衛さんの赤ちゃん」の歌詞が有名だろう。同じ歌詞を3回繰り返すこの歌の、その繰り返しの部分がこの映画である。 何度も繰り返すエピソードの最後、オチの部分は観ている我々に託されている。 権兵衛さんの赤ちゃんは風邪なのに湿布を貼られるわけだが、そんなどうしようもない行為もまた一つの答えとして存在していていいのだ。 この映画を観て「オチ」として私たちが出す答え、答えを出そうとする行為、それこそが大事なのである。 私の答えは、「それでも生きることは素晴らしい」だ。そして、理不尽な人生を乗り越えるためにも、誰かと生きることを共にしたい。 誰にでも平等に襲いかかる最後の理不尽の瞬間に、「生きていて良かった」と思うために。

  • yok********

    5.0

    人間の哀愁ただよう傑作だと思います

    どの人間も哀愁があり、面白いし、愛しいく感じられる。 ロイ・アンダーソンは常にそこに目を向けているのだと思いました。

  • fuw********

    3.0

    おもしろいけれど、あと20分短くていい

    シュールな笑い、ブラックユーモアが好きな人は楽しめます。 こういう笑いは私も大好きではあるのですが、全体の尺が長く感じてしまい、最後の方はちょっと飽きてしまったんですよね…。 すごく皮肉が効いているし、細部までこだわっていてそこが新たな笑いを誘うのですが、集中力が続かなかったです。 あと20分短ければいいのになぁ…。

  • joz********

    5.0

    大人を知る映画

    この映画は人に勧められない。 大多数の人が、この映画に波長を合わせることが出来ないからだ。 しかし、最初の10分を見られる人なら、素質十分である。 何の素質? 変な人でも許容できる素質だ。 とことん変な映画である。 39シーンあるそうだが、全部スタジオ撮影で、カメラは全く動かない。 動くのは人間だけである。 ははぁ~ん、映画に絵画の額縁を付けたんだなと気付く。 観客は動く絵画を見せられているんだ。 絵画には様々な意味を持った象徴が込められている。 説明はない。 観客が謎解きを楽しむのだ。 ・・・・・・・ 今回のコロナ禍でスウェーデンは注目を浴びている。 ロックダウンやコロナ対策を政府が押し付けず、国民の良識に任せたのである。 良識に任せるとは、国民が「大人」であることが大前提だ。 スウェーデンに於ける大人とは何かを知るために、この映画を見た。 スウェーデンに限らず、北欧の映画はほぼ変な映画である。 ・・・っということは、大人というものはそもそも変な生き物であって、映画で楽しませるには変な映画が必要だということになる。 この映画で描かれるのは、真面目に生きる大人たちである。 真面目だから故に、どこか滑稽なのである。 真面目だから故に、孤独なのである。 真面目だから故に、愚かなのである。 真面目だから故に、人との繋がりを求めているのである。

  • hir********

    4.0

    ネタバレヨナタンとサムは面白グッズを売る!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ヴェネチア国際映画祭第71回

金獅子賞

基本情報


タイトル
さよなら、人類

原題
EN DUVA SATT PA EN GREN OCH FUNDERADE PA TILLVARON/A PIGEON SAT ON A BRANCH REFLECTING ON EXISTENCE

上映時間

製作国
スウェーデン/ノルウェー/フランス/ドイツ

製作年度

公開日