2015年8月8日公開

さよなら、人類

EN DUVA SATT PA EN GREN OCH FUNDERADE PA TILLVARON/A PIGEON SAT ON A BRANCH REFLECTING ON EXISTENCE

1002015年8月8日公開
さよなら、人類
3.0

/ 235

17%
17%
29%
22%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(49件)


  • つとみ

    4.0

    他人の人生を俯瞰して、自分の人生を想う

    観始めたら、「生きることについての3部作、その最終章」と書かれてるではないか。なんてこった!1も2も観てないよ! と、思ったけど、どうやら特に問題はないようで一安心。 何度か予告は見たことがあって、ただならぬシュールな雰囲気に「これは迂闊に手を出してはいけないヤツだな」と感じていたのだ。 その時感じていた通り、画面の中央に登場した人物の背後で、同時に違う出来事が起きているのである。ちょっと目を奪われたスキに、背後の人物たちにも動きがある。難易度高ぇよ! 右目と左目で別の出来事を捉えつつ、頭の中はフル回転でその意味するところを想像する。そして容赦なく切り替わるエピソード。 「アレってもしかしてこんな事を表現してるのかも?」と2、3個前のエピソードに思いを馳せつつ、現在進行形のエピソードをやっぱり右目と左目で必死に追いかける。 インタビューやレビューをいくつか読むと、「39個のワンシーン・ワンカットの連続はまるで絵画のよう」と書かれていたが、なかなか上手い例えだ。さながら「さよなら、人類展」を見に来たような感覚で、観客は可笑しくも物悲しく、皮肉と慈愛に満ちた展覧会をコース通りに一周りする。 時々すごく好きな絵があったり、なんじゃこりゃ?と思うような絵があったりする。中心に描かれた人物が魅力的でなくても、背景に描きこまれた人物や風景に惹き込まれる事がある。そんな絵が連続している映画なのだ。 最終章というだけあって、生きることの最後は死ぬことである。死は理不尽に生きることを終わらせる。思えば39個のエピソードには、理不尽なことが多い。 ダンス講師に体をまさぐられることも、商品の代金を払って貰えないことも。何かをしたい、と思った時に対価として行う行為は「そんなことで良いの?」と思うようなハードルの低さもあれば、「そんなことしなきゃ駄目なの?」と思うような嫌悪感を伴うものまで様々。 ハードルが高い方の対価は、求められる側にとっては理不尽でもある。そんな理不尽の連続が生きることなら、生きることの楽しみとは何だろう? でも人はしばらく安否のわからなかった知人と連絡をとったら、何はともあれ「元気そうで良かった」と口にする。生きていること、それだけで「良かった」のだ。 「元気そうで良かった」というセリフや、リパブリック讃歌、サムとヨナタンのおもしろグッズセールストークを劇中何度も聞く。 リパブリック讃歌は日本だと「権兵衛さんの赤ちゃん」の歌詞が有名だろう。同じ歌詞を3回繰り返すこの歌の、その繰り返しの部分がこの映画である。 何度も繰り返すエピソードの最後、オチの部分は観ている我々に託されている。 権兵衛さんの赤ちゃんは風邪なのに湿布を貼られるわけだが、そんなどうしようもない行為もまた一つの答えとして存在していていいのだ。 この映画を観て「オチ」として私たちが出す答え、答えを出そうとする行為、それこそが大事なのである。 私の答えは、「それでも生きることは素晴らしい」だ。そして、理不尽な人生を乗り越えるためにも、誰かと生きることを共にしたい。 誰にでも平等に襲いかかる最後の理不尽の瞬間に、「生きていて良かった」と思うために。

  • yok********

    5.0

    人間の哀愁ただよう傑作だと思います

    どの人間も哀愁があり、面白いし、愛しいく感じられる。 ロイ・アンダーソンは常にそこに目を向けているのだと思いました。

  • fuw********

    3.0

    おもしろいけれど、あと20分短くていい

    シュールな笑い、ブラックユーモアが好きな人は楽しめます。 こういう笑いは私も大好きではあるのですが、全体の尺が長く感じてしまい、最後の方はちょっと飽きてしまったんですよね…。 すごく皮肉が効いているし、細部までこだわっていてそこが新たな笑いを誘うのですが、集中力が続かなかったです。 あと20分短ければいいのになぁ…。

  • joz********

    5.0

    大人を知る映画

    この映画は人に勧められない。 大多数の人が、この映画に波長を合わせることが出来ないからだ。 しかし、最初の10分を見られる人なら、素質十分である。 何の素質? 変な人でも許容できる素質だ。 とことん変な映画である。 39シーンあるそうだが、全部スタジオ撮影で、カメラは全く動かない。 動くのは人間だけである。 ははぁ~ん、映画に絵画の額縁を付けたんだなと気付く。 観客は動く絵画を見せられているんだ。 絵画には様々な意味を持った象徴が込められている。 説明はない。 観客が謎解きを楽しむのだ。 ・・・・・・・ 今回のコロナ禍でスウェーデンは注目を浴びている。 ロックダウンやコロナ対策を政府が押し付けず、国民の良識に任せたのである。 良識に任せるとは、国民が「大人」であることが大前提だ。 スウェーデンに於ける大人とは何かを知るために、この映画を見た。 スウェーデンに限らず、北欧の映画はほぼ変な映画である。 ・・・っということは、大人というものはそもそも変な生き物であって、映画で楽しませるには変な映画が必要だということになる。 この映画で描かれるのは、真面目に生きる大人たちである。 真面目だから故に、どこか滑稽なのである。 真面目だから故に、孤独なのである。 真面目だから故に、愚かなのである。 真面目だから故に、人との繋がりを求めているのである。

  • hir********

    4.0

    ネタバレヨナタンとサムは面白グッズを売る!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • かち割りJAPAN

    4.0

    まさに絵画

    一言で言えばシュール。 全シーン定点カメラでの撮影。 一応ストーリーはあるものの、人の一挙一動がなんかおかしい。 エンタメグッズを売る主人公含めて一人も喜怒哀楽がない。 それぞれのシーンに何かしらメッセージが込められているのだろうが、自分の教養レベルでは1つも理解できなかった。 なのにおもしろかった。 すべてのシーンがまさに1枚の絵画。 配置のバランスとか人の仕草とか、余白のとり方とか背景の構図とか、配色とかすべてのバランスが心地いい。 シーンが切り替わるたびに感嘆の溜息がでる。 美術館で1つずつ絵画を見ていくような感覚。 メッセージが理解できなければ退屈極まりない作風なのに、次のシーンに切り替わるのが楽しみで仕方なかった。 本来の楽しみ方ではないんだろうが、とにかくおもしろかった。 また見たい。 邦題の「さよなら、人類」だけはセンスがなさすぎて作品がかわいそうになる。 映画祭では「実存を省みる枝の上の鳩」という題で上映されたらしいが、こっちのほうが圧倒的にしっくりくる。

  • yrh********

    5.0

    名画のような構図、不安で面白くて怖い

    ショートムービーが次々展開する。一応二人組のセールスマンのおじさんが主人公ということみたいだけれど、二人が出ない話も多く、これといった太いストーリーも無いので、好きな人と苦手な人が分かれると思う。 様々な場面の切り取り方が面白くて、ポカンとしながらも間が絶妙でつい笑ってしまう。人間のしょうもなさ、愛らしさ、時々ぞっとする恐ろしさも感じる。 2回以上見ると、一見関係ない場面のつながりに改めて気づいたりして面白い。 全てのシーンが名画のように美しい構図の定点カメラで撮られていて、舞台のよう。登場人物がなぜか皆、白塗りなのがおかしいような不気味なような変な味わい。バカ殿的な間抜けさも感じるし、仮面の匿名性も感じる。ギリシャの古典劇みたいな異世界感も。 クスッと笑ってしまうシーンが多い中、こんなあからさまに怖い話もあった。 ラッパが複数付いた大きなドラム缶に、白人兵隊が黒人たちを閉じ込める。兵隊がドラム缶の下に火を放つと、炎に煽られたドラム缶はゆっくりと回転し始め、中で蒸し焼きにされる黒人たちのうめきや悲鳴がラッパから漏れだす。それを着飾った白人の老人たちがシャンパングラス片手に鑑賞している。つまりこれはおぞましい楽器だったのだ。 このドラム缶に「BOLIDEN」という文字が見えた。スウェーデンの鉱山会社の名前らしい。公害問題で議論になっている会社で、そのあたりが関与しているのだと思う。 他のシーンにも、いろんな含みや元ネタがありそうだが、自分には理解しきれていないんだろうな、と思う。それでも妙に心に残る魅力があって、もう一度見たくなる作品だった。

  • 一人旅

    3.0

    「リビング・トリロジー」最終章

    第71回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞。 ロイ・アンダーソン監督作。 面白グッズを売り歩くセールスマンが目撃する悲喜こもごもの人々の姿を描いたコメディ。 スウェーデンが生んだ寡作の映画作家ロイ・アンダーソンのキャリア集大成とも言えるシュール&不条理コメディで、『散歩する惑星』(2000)『愛おしき隣人』(2007)に続く三部作「リビング・トリロジー」最終章。一応はシリーズ物の完結編の位置づけですが、作風やテーマが似通っているだけで内容は相互に無関係なので本作単体で観ても十二分に独特の世界観を堪能できます。 例によってお話はあってないようなもの。面白グッズを売り歩く陰気臭い二人のセールスマンが主人公らしき人物として映りますが、彼らを中心にした一本筋の物語が描かれるわけではありません。滑稽で可笑しみに満ちたいくつもの独立したカットを繋ぎ合わせた構成になっていて、これは第一作『散歩する惑星』から一貫して見られる作りです。 シリーズ最終章となる本作でも暗喩・象徴に富んだ不可思議な映像世界が映し出されます。面白グッズを陰気臭い顔して売り歩くセールスマン…という入りからして既に可笑しいですし、ワインの栓を抜こうとして心臓発作を起こす主人とそれに気づかず料理を続ける妻、人々で賑わうバーに馬に騎乗した皇帝らしき人物が乱入してきたかと思えば「女は出て行け」と一喝してひと騒動起こる場面、お金がなくて酒代を払えない兵隊たちに「キスで払って」と歌いながら促す女主人、一定のリズムでひたすら大笑いを繰り返すレストランの客たち…など掴み所のない可笑しみに溢れた映像が始まりから終わりまで映し出されます。戦争や動物実験、黒人奴隷といった人類が歩んだ負の歴史を象徴するカットをさらっと忍ばせながら、日々を懸命に生きる市井の人々の悲喜こもごもの人生を温かく愛情に満ちた視点で描き出しているのです。 油絵のような“ざらつき”を感じさせる独特の映像や、画面の奥行きを意識した構図、固定カメラによる俯瞰的な映像作り、さらには小物や衣装、美術に至るまで監督の並々ならぬこだわりの美学が全カットに見受けられます。 「人間は滑稽で愚かな生き物、でも愛おしい」 アンダーソン監督の想いは明白です。

  • a10********

    4.0

    絵図が好き

    たんたんと絵図を楽しむ 色合い シュールな登場人物 好きです。 三部作全て鑑賞! また観たくなる作品。

  • fg9********

    4.0

    『お元気そうでなによりだ…』

     …独自の悠然としたペース、スタイルで摩訶不思議な映画世界を追求してきた異才アンダーソン監督が、2000年発表の「散歩する惑星」、2007年発表の「愛おしき隣人」と並ぶ、3部作の完結編として発表した長編第5 作目。  第71回ヴェネチア国際映画祭では、みごと金獅子賞(グランプリ)に輝いたらしい。  「散歩する惑星」、「愛おしき隣人」は未見だが、観てみる。  …あらすじは、解説のとおりでは何も伝わらないだろう。  吸血鬼の牙や笑い袋など、面白グッズを各地で売り歩く2人組の中年セールスマン、サムとヨナタン。  しかし、2人が懸命に売り文句を並べ立てても商品はなかなか売れず、その上、雇い主からの給料の支払いも滞りがちで、彼らの生活はつらい日々の連続だった。  一方、フラメンコ教室の孤独な中年女性教師は、教室にレッスンを受けに来た若い男性に熱を上げ、ダンスの指導の合間に何かと体に触りまくって、彼を気味悪がらせることに…。  で、このサムとヨナタンは、吸血鬼の牙や笑い袋の他に最新作として歯抜けジジイの被り物も商っているのだが、どう贔屓目にみても売れるような代物ではない。  で、商売を巡って二人はビジネスホテルのような場所でちょっとした諍いを始めるのだったが、諍いをするたびに、そこの管理人が出て来て、「明日の朝、早い仕事の方もいらっしゃるので……」と数回繰り返す場面は妙にツボにハマってしまったな。  また、現代のカフェに突如として中世の王様と家来どもが登場し、ロシアを征伐に出向いたのだったが、暫くして敗残兵となって退散して来るシーンも可笑しかった。  更に、女主人のロッタの店では、酒を飲ませてあげる代わりのお返しはキスで、その時の唄は日本人にもお馴染みの、♪ごんべさんの赤ちゃんが風邪ひいた~♪では若干感動を覚えてしまった。  かと思えば、猿が拷問・虐待されていたり、巨大なドラム缶の中で黒人奴隷が焼かれたり、人間の恥部を描く場面もある。  で、これらの場面が定点カメラでの超長廻し映像なので、丸で一枚の絵画が動画になっったような気分に浸れるのだ。  邦題のタイトルは『さよなら、人類』なのだが、これって「たま」というグループの楽曲名ではなかったか?  ちなみに原題は、「実存を省みる枝の上の鳩」なんだそうだ。  なんとも哲学的で本作にピッタリだ。  で、劇中で一番印象に残った言葉は、ウォルシュさんのレビューどおり、『登場人物達が少々白塗りで、大丈夫ですかと声をかけたくなるが、劇中のセリフを借りて、元気そうで何よりだ、元気そうでよかった。』  『お元気そうでなによりだ…』という言葉が何回かリフレインされていたが、この言葉こそ本作のキモなのだろう。  オサラバしたいくらいに愚かしい人類だが、『お元気そうでなによりだ…』とお互いを労わり合う心が残っているならば、未だ人類捨てるに能わず……という人間賛歌にもとれる作品だった。  なんて屁理屈を捏ねまわしてみたが、『さよなら、屁理屈』と痛罵されそうな、不条理でシュールでブラックな止みつきになりそうな味わい深い作品だった。

  • oce********

    2.0

    シュールすぎて

    基本的には一つの部屋の中で長回しのシチュエーション。 それを繋げて作られた話であり、コントだとかのオチもない。 そのためシュールな作風といわざるを得ない。 重要なのはこれにのれるかどうかだが、正直退屈なまま最後までいった感じ。 画的に変化がないのだから、セリフや仕草で持たせてくれないと辛い。 巨大な樽が回る件や、わがまま軍曹のバーのやり取りだとか、単独では面白いものがあるのだが、それが続かないのがもどかしい作りだった。

  • tos********

    3.0

    美術館を歩いている感じ

     一つ一つの場面でカメラは固定されたまま。脈絡なく場面が切り替わっていき、絵画調の色合いで、美術館を歩いているようです。一応主人公は、人を楽しませたいグッズを売るにもかかわらず、陰気な二人。アート系シュールコメディですが、あまり内容を理解しようとしないでも良さそうな雰囲気が良かった。構想15年撮影4年というのも驚きです。

  • th9********

    4.0

    ネタバレ元気そうで何より

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 綾乃

    3.0

    ノスタルジックでシュール

    この映画は、構想15年撮影4年、すべてスタジオ撮影でCGはなしというアナログ巨編で、ロイ・アンダーソン監督の三部作の最終作。 とはいえ、オムニバスに近い形なので、この作品だけを観ても楽しめる。 何故か登場人物が死人みたいに白塗りで、背景は薄グリーンの壁紙が使用されており、ノスタルジックな雰囲気も漂う。 その上、内容はややブラックコメディでシュール。 万人受けはしない映画だが、私はまぁまぁ楽しめた。

  • but********

    1.0

    ネタバレえ?なにこれ?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pro********

    2.0

    目録をつくってみたよ

    なんだこりゃ....っていうのが正直な感想で、後から構想15年撮影4年と聞いてビックリ。人の15年を、ほとんど何の感動も感想もなく観てしまった。いやいや、いくら立派な芸術家の作品でも、同じ人類の感性がヒトカケラも僕に響かないなんてことはないはずだから、この映画は相当に繊細で複雑な構造を持っているか、本質的に無意味かのどちらかに違いないのだ。なんにせよ僕の心はちっとも動かなかった。 でもまあせっかく観たことだし、浪費した感のある時間を、さらに浪費することにして、39枚の絵画のindex的なものを以下に記しておこう。この映画は、39の絵画的なカットで構成されていて、それぞれの中で悲哀に満ちた物語が、独特の(僕には笑えなかったけど)ユーモアを交えて緩やかに展開していく。一連の物語ではあるけれど、それぞれのカットは独立した絵画のようで、それらを二人の冴えないセールスマンが繋いでいる。繋がりはほんとうにゆるやかだから、日常オムニバスとして観られるかもしれないし、展開する絵画として鑑賞するのもいいのかもしれない。 映画というより、映像作品といったほうがしっくりくる気がする。 それじゃ、ちょっと目録を。 1.プロローグ、鳥類博物館 2.[死との出会い その1] 質素な晩餐,発作 3.[死との出会い その2] 病室,執着 4.[死との出会い その3] 客船,後処理 5.フラメンコ教室、オバサンの恋 6.フラメンコ教室の外、清掃婦 7.床屋、船長から転職した理容師 8.酒場、二人のセールスマン 9.レストランの前、待ち人は来ず 10.事務室、売込失敗 11.フラメンコ教室、失恋 12.酒場、耳の遠い常連 13.酒場(1943)、ロッタの店は一杯一シリング 14.酒場、おやすみ! 15.アパートの一室、元気そうでなにより 16.ベランダ、シャボン玉遊びする少女 17.雑貨屋、支払催促 18.発表会、鳥の詩 19.カフェ、道に迷ったセールスマン、兵隊の行進、国王陛下乱入、ロシア進行 20.遊歩道、赤子をあやす母親 21.アパート管理室前、最後通告 22.酒場、当然だが 23.書斎、ピストルを片手に 24.寝室、悲しい歌 25.酒場、悔恨 26.窓辺、男女 27.カフェ、戦争に敗れて 28.砂浜、男・女・犬 29.鉄道沿い、面白グッズはもうウンザリ 30.テラス、靴の中の石をとる女性 31.レストランの前、やはり待ち人は来ず 32.廊下、仲直り 33.チーズ屋、亭主がなんか言ってる 人類 34.研究室、サル 35.おぞましい装置、人類の音色 36.装置を眺める人類 37.寝室、恐ろしい夢 38.廊下、人を利用して欲望を満たすのか? 39.バス停、また水曜日 エンドロール こうしてまとめると面白かった気がしてきた(笑) 各タイトルは僕が勝手につけてみたのだけなので、見方として間違ってるかもしれません。 感動なんかしなかったとはいったけど、35番のシーンはさすがに何も感じない人はいないでしょう。巨大なオルゴールの機関のような装置の中に、鎖で繋がれた黒人の人達を容れて、火を放ち蒸し焼きにする。装置はにわかに回転しながら、不気味な音色を奏でているようで。それを無感動に見つめる上流階級らしい老人たち。さあ、これは一体なんのアイロニー?

  • ********

    4.0

    人生の無意味

    2014年。ロイ・アンダーソン監督。面白グッズを販売する冴えない中年男二人組を中心に、意味のない人生を、意味を模索しながら生きる人々の姿をゆったりと描く。とにかく人の動きが極端に少ない。 二人組が一応の中心にはなっているが、二人の行動でシーンが紡がれていくわけではなく、ロシアとの戦争の歴史が侵入してきたり、悪夢のような人類の悪行のイメージが入ってきたり。しかし、すべては現在の人生(スゥエーデン人の人生)の無意味に結びついている。

  • スーザン

    3.0

    ちょっとクセになるかも。

    ハマれば面白いのか。 不条理コント集。 ただこれに4年もかけたのか、と・・・。 極端に少ないスタッフで制作されたらしいが・・・。 こだわりは構図。 もうここしかない!という配置がされているのだろう。 そのあたりが、平凡なコントとは一線を画すのか? そしてオールセットというこだわりと無機質な人間にも絵画的な印象を受ける。 ところどころ、クスッとさせられる可笑しさは印象深い。

  • kps********

    2.0

    ウェス・アンダーソンと兄弟かと思った。

    ロイ・アンダーソン監督作品初観賞!! 正直全然面白くなかったですけど、構図、配置、配色、美術など細部にまでこだわり完成に4年を費やしたのだ!!というだけあって、絵を作ることの拘りは最高でした。 構図の取り方とかは全然違うんですが、見ていてウェス・アンダーソン監督の作品の事ばかり頭に浮かびました。 向うは左右対称で動きがあってファンタジックなんで趣は180度違う感じなんですが、この作品は非常に無機質で鬱々としているので、なんだか監督として反対方向にいる同族の方という印象を持ちました。 もうそれだけで作家性があるなあと感じさせるので、低評価を付けようが付けまいが関係ないと思いますが、個人的に鬱々とした作品・作風が好みでないので、好みでない絵画という感想と成った次第であります。 シュールで滑稽な笑いは皆さん面白いんですかね? 日本人にはイマイチ届きにくい笑いな気はしますが、あんまり笑かして生き生きとさせると絵の方が死にますよね、こういう作品は。 深みもあって哲学的にも読めるので、この何とも言えないシュールさバランス感覚が良かったのではないでしょうか? あれ? 絶賛してるなあ? いや、はっきりと好みでないと認識しているのでイマイチだったんですが、こういう作品は内容より絵や空気感との相性が一番大切だと自分は思っております。 ウェス・アンダーソン監督の作品も、好きな人も多ければ嫌いな人も多いと感じですしね。 ★2つ打っときますが、評価とか関係なく監督さんの個性が理解できたので見て良かったです。 名前がアンダーソンなので、兄弟かと思ってしまいました。 以上そんな感想でございます。

  • ish********

    3.0

    絵画のような

    静かな映画。 カメラの動きは一切なく、ある瞬間の場面を切り取った絵画のような映画。 序盤から中盤、単調に物語が進み単調に場面が切り替わるので、退屈に感じたが何とか見続けると、終盤の5カットくらいの展開がとても心地良く、動きのない中に美しさを感じるようになった。それは繊細さであり、色彩であり、静謐であり、純粋な絵画としての新しい映画のあり方だからだろうか。 色々考えましたが、総じて退屈ではあります(笑)ので、根気よく最後まで是非みてほしいと思います。

1 ページ/3 ページ中