ここから本文です

さよなら、人類 (2014)

EN DUVA SATT PA EN GREN OCH FUNDERADE PA TILLVARON/A PIGEON SAT ON A BRANCH REFLECTING ON EXISTENCE

監督
ロイ・アンダーソン
  • みたいムービー 104
  • みたログ 360

2.99 / 評価:232件

シュールすぎて

  • オーウェン さん
  • 2016年12月1日 9時10分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

基本的には一つの部屋の中で長回しのシチュエーション。
それを繋げて作られた話であり、コントだとかのオチもない。
そのためシュールな作風といわざるを得ない。

重要なのはこれにのれるかどうかだが、正直退屈なまま最後までいった感じ。
画的に変化がないのだから、セリフや仕草で持たせてくれないと辛い。

巨大な樽が回る件や、わがまま軍曹のバーのやり取りだとか、単独では面白いものがあるのだが、それが続かないのがもどかしい作りだった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ