レビュー一覧に戻る
さよなら、人類
2015年8月8日公開

さよなら、人類

EN DUVA SATT PA EN GREN OCH FUNDERADE PA TILLVARON/A PIGEON SAT ON A BRANCH REFLECTING ON EXISTENCE

1002015年8月8日公開

hir********

4.0

ネタバレヨナタンとサムは面白グッズを売る!

(1)三つの死との出会い! ★妻が台所で仕事中。部屋で男がワインの栓を開けようとするが抜けない。男は心臓発作で死ぬが妻が気づかない。 ★母が高齢で臨終間近。長男・次男・娘が集まる。彼らも中年から初老だ。ベッドの母が天国へ持っていくとバッグをきつく持っている。中に宝石、パパの金時計、現金7万クローナ(約100万円)が入っている。次男がバッグを取ろうとするとママが「いやだー、いやだー!」と泣く。 ★船のビュッフェで、シュリンプ・サンドとビールを頼んだ男が、受け取ろうとした直前、急死。船長や係員がどう処置するか協議。その時、売り子が困って「代金をもうもらっているので、このシュリンプ・サンドとビールをどうしますか?」と船長に尋ねる。「自分で判断しろ!」との返事。売り子はビュッフェにいる客たちに「誰か欲しい人いますか?」と呼びかける。一人が「ビールが欲しい」とやって来る。 (2)元船長の理容師! ★理容師が客の目の前で、自分の身の上を説明する。「自分は船長をしていたが、船酔いがひどくて船長をやめた。妹の亭主の店を引き継いで理容師になった。自信がないが精一杯がんばる!」客は不安になって店から出て行った。 《感想》理容師(サービスの売り手)が、商品(サービス)に関して客を不安にさせてはいけない!マーケティングの基本に反する。サービスの質の悪さを宣伝してはいけない。 (3)セールスマンのヨナタンとサム(その1):面白グッズを売る! ★セールスマンのヨナタン(よく泣く)とサム(肥っていてしゃべり方が遅い)は面白グッズを売る(サムの提案)。「吸血鬼の歯」、「笑い袋」、「歯抜けジジイのマスク」を仕入れて、店に売り込みに回る。 (4)「実存を省みる枝の上の鳩」:「実存」とは「カネのあるなし」だ! ★学校の発表会。女の子(ヴィルマ)が詩を朗読する。「実存を省みる枝の上の鳩」(これが映画の題名!)の詩だ。鳩が枝の上で休んで考えてる。自分が貧乏である事を考えてる。それから巣に帰る。 《感想》この場合、「実存」とは「カネのあるなし」だ。実生活では、サルトル的な「投企」ではなく「カネ」が実存を決定する。 (5)現実世界は、「意味世界」=「言説世界」としてのみ出現する!18世紀のスウェーデン国王率いる騎馬隊が、現代のバーに現われる! ★18世紀のスウェーデン国王率いる騎馬隊が、現代のバーに現われる。①「この店に女は来るな」と騎馬隊員が女性をすべて追い出す。②さらに気に入らない汚らしそうな男を騎馬隊員が鞭で追い払う。③国王陛下が馬から降りる。水を飲む。その時、水をグラスに注いだ若い男を国王が気に入り、「戦場に来い。私と同じテントで寝てよい」と命じる。国王はホモ・セクシュアルだ。③「狡猾なロシア人を倒そう」と国王が言う。 ★この後、スウェーデン軍はロシアに敗北する。 《感想》現代と18世紀が混じり合うが、これは実は「人類」の世界の現実だ。「人類」は実は「現実世界」に生きていない。現実世界は、「意味世界」=「言説世界」としてのみ出現する。18世紀の国王も現代も、同一の「意味世界」=「言説世界」に属す。 (6)セールスマンのヨナタンとサム(その2):二人が喧嘩する!「もうウンザリだ。商売も下手だ。借金ばかりだ」とサムが言う! ★駅でヨナタン(よく泣く)とサム(今は杖をついている)が喧嘩する。「もうウンザリだ。あんたは商売も下手だ。借金ばかりだ」とサム。「君の提案で面白グッズ販売を始めたんだろ」とヨナタンが反論。サムが、自分のカバンから商品の面白グッズをぶちまける。ヨナタンが拾う。 (7)生きた猿への実験!黒人が生きたままバーベキューにされる夢! ★猿の実験室。「生きた猿が頭蓋骨をはがされ、露出した脳に電極をさされ、電流を流される」という実験が進行中だ。電流が流れるたびに猿は悲鳴をあげる、女の研究者は猿に無関心で、友達と楽しそうに電話している。 《感想》人間の傲慢。「神の似姿」である人間の特権を認める「キリスト教」の傲慢。人間以外の動物は「さよなら人類」と叫ぶだろう。 ★セールスマンのヨナタンが奇妙な夢を見る。「軍人たちによって油の上に浮く巨大なドラムの中に黒人たちが無理矢理追い込まれ、戸が閉められる。油に点火され炎の中でドラムが焼かれ、中の黒人が生きたままバーベキューにされる。」それを政府や経済界の名士たちがシャンパンで乾杯しながら眺めている。この夢についてヨナタンが言う。「恐ろしいことだ。」「とても怖い。」「神の許しを誰も請わない。」すると杖をついたサムが言う。「人を楽しませるため面白グッズを売る商売をしてるんだろ!」「おまえは泣き虫だ!」 《感想》人間社会の残酷。残虐な生き物である人間。「さよなら、人類」だ。

閲覧数367