山猫は眠らない5 反逆の銃痕
3.0

/ 82

6%
21%
52%
10%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • とし

    2.0

    山猫復活

    2022年4月30日 映画 #山猫は眠らない5 #反逆の銃痕 (2014年)鑑賞 4では死んだはずの #トーマス・ベケット 上級曹長が生きてました! そのため、#トム・ベレンジャー 出演してます!

  • kkk********

    3.0

    8の方が面白い

    アクション、狙撃が雑で、ストーリーも魅力なし。8の方が面白い。

  • tai********

    3.0

    面白かったです。

    特に際立ったところもないですが、面白かったです。 ベケットは流石に歳ですが。

  • ぺろたろう

    5.0

    何はなくともベレンジャー

    今回もやや未熟なベケットジュニアの姿。そこへ息子を救う謎の一撃、父登場。かっこいい。最後にいいとこ持ってくのも父。やっぱりこの映画の見所はベレンジャーなのだ。白髪になって中年体型になってもベケットはベケット。電話の最後にoverと言っちゃうとことか微笑ましい。無線じゃねーのにw このゴリゴリ軍人加減がいい。これはシリーズファンのための映画なのでファンじゃない方には特に勧めない。

  • sou********

    4.0

    ネタバレ痺れたわぁ…パパ参上!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mim********

    2.0

    ネタバレこれじゃ、サバゲ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rak********

    3.0

    画になるように。。。

    5までに人が出たり、入ったり で都合良く作られてる この作品ですけど、 映画としては楽しく見れた 気はします。 ライフルを構えても 画になるように かっこよく とっていたと思いました。

  • ZZZ

    4.0

    ベケット(親父)復活

    前作同様、トム・ベレンジャー演じるトーマス・ベケットではなく、息子のブランドン・ベケットが主人公。前作では、1作目以来の登場のビリー・ゼインだが、今回は登場しない。 その変わりといっては何だが、本来の主役であったトム・ベレンジャーが再登板している。 基本的なストーリーは、昔の軍事作戦に絡む復讐劇。 一応、一人前のスナイパーに成長したブランドンが父親からみで、その復讐劇に関わっていくというもの。どことなく、陰謀めいた雰囲気を醸し出しているが、結果的には至って単純な話。複雑なストーリーは期待しない方がよい。 シリーズ通してのスナイパーもの。が、前作程ではないにしろ、本作も、無理矢理感がところどころ。ハンドガンを所持しているのに、近接銃撃戦で、ボルトアクションのライフルを使うなど。ただ、シーンによってはハンドガンに切り替えているので、ここら辺の演出意図がよく分からない。 そして、一番、スナイパーそのものの演出にも疑問が。 射手をサポートするスポッターがいたりいなかったり。人員不足とか、途中で殺されるとかなら分かるが、最初からいる者といない者が混在している。 スコープで狙う際も、何故か主人公だけ片目をつぶっている(一般的に片目をつぶる様に思われるが、両目を空けて撃つのが正しい。自分が聞いたところでは、スコープを覗いていない方の目で、目標にヒットしたか否か確かめる為らしい。他にも片目だけだと目の負担の問題があるとかあったと思うが、いずれにしろ両目を空ける事に変わりない)。 又、事前に、敵が1500メートルの命中率を誇るロングレンジライフル(アンチマテリアルライフル)を使っているのが分かっているのにも関わらず、ノーマルのスナイパーライフルしか用意しないという点も、今一、理解できない。 その他にも所々、疑問に思う演出がある。 余り捻りを加えた様な物語ではないものの、当たり障りのない程度。まあまあお金もかけている様にも見える。 ただ、自分が、一番、気になったのは、前述の様なリアルさを追求しているのか否か分からない中途な演出。ここら辺をもっと徹底してくれれば、より面白い映画になると思う。 後、主人公のベケット(息子)があまり優秀には見えないのは自分だけだろうか。

  • shi********

    4.0

    映画の作り方や雰囲気は期待と違ったけど

    これまでは、戦いに勝っても何故かザラザラした様なやるせない感じが心に響いたものだけど、冒頭はまるでボーンシリーズかと勘違いするような作り方! ベケット親子も確執もなく、ファミリー! ま、期待とは違ったけど充分楽しめた。

  • oce********

    3.0

    ベケットの帰還

    4にはベケットの姿などどこにもなく、もはやシリーズ終焉と思っていたが、まさかの5作目の登場。 おまけにベケットも戻ってきて、親子でスナイパーとしての任務に向かうことに。 無駄に体が大きくなった主演のトム・ベレンジャーだが、やはりベケットは当たり役。 ライフルを構えると自然と役柄に戻る。 廃墟での撃ち合いなど、予算の少なさをカバーしようとしている演出も好感が持てる。 ラストには6作目も示唆しているが、こうなりゃトム・ベレンジャーには永遠にベケットを演じてもらいたいものだ。

1 ページ/1 ページ中