ここから本文です

JIMI:栄光への軌跡 (2013)

JIMI: ALL IS BY MY SIDE

監督
ジョン・リドリー
  • みたいムービー 47
  • みたログ 127

2.80 / 評価:86件

解説

ロックの歴史に名を刻む不世出のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの伝記ドラマ。無名だった彼がロックスターとして駆け上るきっかけをつかんだ、2年に及ぶイギリスでの活動期を見つめる。メガホンを取るのは、脚本家、製作者として『それでも夜は明ける』なども手掛けたジョン・リドリー。ヒップホップデュオ、アウトキャストのメンバーであるアンドレ・ベンジャミンが、徹底的な肉体改造や2か月半のギタートレーニングを経てジミを熱演している。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1966年5月、ニューヨーク。天才的なギターの才能を誇りながらも、マイナーなバンドの一員としてステージに立っているジェイムズ・マーシャル・ヘンドリックス(アンドレ・ベンジャミン)。ナイトクラブ「チータ」でリンダ(イモージェン・プーツ)という女性と知り合ったジェームズは、彼女に唯一無二の個性と技量を持つギタリストとして絶賛される。やがて、リンダからジ・アニマルズのメンバーであった音楽プロデューサーのチャス・チャンドラー(アンドリュー・バックレー)を紹介されるが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ