ここから本文です

イントゥ・ザ・ウッズ (2014)

INTO THE WOODS

監督
ロブ・マーシャル
  • みたいムービー 273
  • みたログ 2,013

2.46 / 評価:1875件

ダークサイドディズニー。でもつまらない

  • pha***** さん
  • 2016年5月22日 14時40分
  • 閲覧数 1761
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

話が色々なディズニーの寄せ集めの後日譚で、しかもハッピーエンドではないっていうのは別にいいのだ。特にいつものディズニーのファンタジーでなくたって。しかし、この映画は、単純につまらない。

メリル・ストリープの歌だけは見せ場であったが、他は、歌はうまいが、歌詞はセリフを繋げているだけで、しかも大した内容の歌詞でもない。ブラックならブラックで少しは皮肉った笑いなんかがあってもいいと思うが真面目につまらない。

アベンジャーズではないが、同じ時間軸に様々なお伽噺の主人公を入れ、魔女は共通、王子は兄弟ということで2人作りなんとか成立させているが、このミックスのやっつけ感が安易で空しい。

話は子供を望むが授からない夫婦が魔女メリルの交換条件でディズニー主人公達の持ち物を集めるという話。シンデラレの靴、赤ずきんの頭巾、ラプンツェルの髪、ジャックと豆の木のジャックの牛である。最後、ラプンツエェルの髪に関しては、代替品のとうもろこしのヒゲでいいというのは少し笑った。

ブラックな部分としては、シンデラレラは王子の気を引くためにわざと靴を残す、ジャックはひどい盗人であり、赤ずきんは万引犯、シンデレラの王子は熟女と不倫、可哀想なのは何も悪いことしていないのに、旦那を殺され、その復讐のために地上に降りてきたのに、転んだだけで死んでしまう巨人の嫁。これだけ読んだら、すごく下らない話なわけで、その通り下らないのだが、もう少し面白おかしくできなかったものか。ラプンツェルだけは幸せになったのかな?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ゴージャス
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ