レビュー一覧に戻る
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
2015年1月24日公開

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

WHAT WE DO IN THE SHADOWS

PG12852015年1月24日公開

fg9********

4.0

ネタバレ『この映画の内容は記憶から消え…』ない

 …あらすじは、解説のとおり。  379歳のヴァンパイア・ヴィアゴはニュージーランドのウェリントンの屋敷で同じ男性ヴァンパイアたち、862歳のヴラド、183歳のディーコン、 8000歳のピーターと同居している。  地下室にこもったピーター以外の3人は昼は外出できないが、夜には街に出て、標的に決めた人間を屋敷に連れて帰る。  ある夜、 屋敷に来た大学生ニックをピーターが咬んでヴァンパイアに変えるが、ニックにヴァンパイアのおきてを理解させる必要が生じる。  このニックが問題児で、自分がヴァンパイアだと触れ回ったり、ある日、家に人間を招いたりしちゃったもんだから一騒動だ。  でも、この人間スチューがメチャクチャいい奴で、ヴァンパイアにパソコンやらインターネットやらの現代文化を教えたり、空手まで教えてくれるので、『もう、ニックなんていらん!スチューが大好き!スチューだけは絶対咬まない!』なんてヴァンパイアの面々に言わせてしまうのだ。  そんな楽しい日々を過ごしていたある日、スチューはオオカミ男どもと遭遇して殺されてしまう。  哀しみに暮れるヴァンパイアたちだったが、実はスチューはオオカミ男化していて、そんなスチューを通じて、ヴァンパイアとオオカミ男が仲直りするという、おバカなオチがついたお話でありんした。  エンディングで、『この映画の内容は記憶から消える…』と催眠術をかけられたが、これだけ覚えていれば、一見の価値は十分あったとするしかないな。  おバカさ加減が際立つなかにあって、アホのニックがヴァンパイア・ハンターを招いてしまって、8000歳のピーターが殺された場面はちょっぴりシンミリしたことも覚えていたので、☆一つプラスしちゃおう。

閲覧数1,281