ここから本文です

BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014” 劇場版 (2014)

監督
番場秀一
山崎貴
  • みたいムービー 9
  • みたログ 35

3.24 / 評価:45件

ファンだからこそ声高らかに言いたい!

  • ken******** さん
  • 2014年12月11日 16時35分
  • 閲覧数 1011
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

今回ツアーのWILLPOLIS2014に妻と参戦しましたが、その会場の空気を大ファンでもある子供たちと共有したくて劇場版を観に行きました。東京ドームは参戦できませんでしたが、ドキュメンタリーにはライブ映像も含まれるし子供料金の設定はなくてもライブの臨場感が味わえるなら連れて行きたいということで6歳の長女(升君のファン)と4歳の息子(チャマのファン)と夫婦4人で行きました。山崎監督のムービーと、各会場のライブ映像、バックステージ映像、メンバーのインタビューはまぁ良かったと思います。楽曲に関してはあれも聞きたかった、これも聞きたかったというのはもちろんありましたけど。ただ他の方が言うようにとにかくファンが映り過ぎ、しゃべり過ぎ、自分に酔い過ぎで引きました。なんていうかひたすらそこにガッカリしました。息子は本当に楽しみにしていたのにファンが夢を語るシーンで寝てしまいました。あんなのがあるんだったらもっと聞きたい曲がいっぱいありました。正直ファンはBUMPを観たいのであって、ファンが見たいのではないです。出演してる人たちは作品に携われて「最高」でしょうが、ライブに行きたくても行けないファンや、昔からBUMPが好きなファンにとっては「最低」のシーンになっています。今もこれからもBUMPの音楽に対する姿勢は変わらないと信じていますし、ずっと聞き続けると思います。だからこそこんな駄作はこれっきりにして欲しいです。これからまたBUMPのメンバーがまだ見ぬWILLPOLISを探す旅に出ると信じています。

何度も言います。BUMPのライブやオフショット、インタビューは最高でした♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ