ここから本文です

龍三と七人の子分たち (2014)

監督
北野武
  • みたいムービー 309
  • みたログ 1,849

3.27 / 評価:1,861件

オレたちひょうきん族

  • ryu***** さん
  • 2018年10月25日 23時12分
  • 閲覧数 512
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

藤竜也も近藤正臣も2、30年前は(今でも)それはそれは素敵でカッコよかったんです。その2人を中心にしょうもないヤクザの爺さんを演ずる俳優陣が実に楽しそうで、こういうのやりたかったんだなあとつくづく思いました。
亡骸になってからの中尾彬は最高。
討ち入りに仲間の遺体を連れて行くってところはまさに北野イズム。
それはそうと、特攻機はまだかと空を見上げる爺たちの画面端で中尾の俯いた死に顔のアングルがツボだったのと、仲間による死体損壊はまさにひょうきん族のコントそのものでゲラゲラ笑ってしまった。

あと注目したのは下條アトムの動きのキレ!彼だってこの段階で結構なお年のはずなのに殴られたあとの受身の取り方、身体を張った演技の数々・・・ただの個性派俳優じゃなかったんだと改めて思い知らされました。

他のレビューを見ると不謹慎だなどという評価もありますが
これはコントですから不謹慎で良いんです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ