2015年2月7日公開

人造人間13号

13 EERIE

872015年2月7日公開
人造人間13号
2.0

/ 34

3%
6%
21%
32%
38%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

CSI科学捜査官の最後の試験を受けるため、ゼミの教授と一緒に離島にやって来た6人の学生たち。かつて禁断の人体実験が行われていた島に漂う不穏な空気に戸惑う学生たちだったが、課題を順調にこなしていく。あるとき、一人の学生が死体が動いている姿を目撃し……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(10件)

不気味33.3%恐怖22.2%絶望的16.7%パニック11.1%勇敢5.6%

  • swi********

    1.0

    ダレる

    見ててすぐにダレる とは言えグロテスクなので子供と見るのは注意

  • こばゆうさん

    2.0

    ただのゾンビ映画

    ゾンビが人を襲う。ゾンビに噛まれたらゾンビになる。 不動のゾンビ設定です。 そのゾンビに襲われる。なんとか生き残る為に必死になる。 いつ観てもゾンビ物はこんな物です。

  • emi********

    1.0

    怖くないゾンビもの

    検死について学ぶ学生たちの、実際に死体を使った実習で始まり、なかなかいい滑り出しかと思いきや… ザ・ゾンビな見かけのDNA操作失敗作の元死刑囚たちが、人間達に襲い掛かります。勇気に満ちたヒロインもいて、お約束な展開。 ウィルスならともかく、DNA操作の失敗なのだから感染はしないはず。 まあ、このゾンビは結構弱いので数を稼ぐためにも感染パターンは必死か。 結構、こわがりな私ですが(sawとか無理)、これは怖くない。 映画パッケージのポップな雰囲気は、そういう意味ですね。 かといってクスっとくるような面白いシーンは特になし。 最後のオチは、まあまあ。

  • yuk********

    1.0

    ネタバレ邦題がクソ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nyj********

    3.0

    恐怖の刑務所、死刑囚からの脱出

    タイトルと明るいポスターからは想像できない映画。人体実験とゾンビ、人肉をむさぼり喰うジェイソンのような奴らからの脱出。結構キツイB級映画である。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
人造人間13号

原題
13 EERIE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル