2015年1月17日公開

パラノイアック PARANOIAC

772015年1月17日公開
パラノイアック PARANOIAC
1.5

/ 11

9%
0%
0%
18%
73%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

編集者の早川は、うつ病のために執筆活動が困難になってしまった恋愛小説家の高村美紀(小西キス)に、恋愛小説以外のジャンルを書いてみてはどうかと提案。美紀は、かつてこつぜんと姿を消し、その後廃虚で餓死した叔母のことを小説にしようと思い立つ。美紀は早川と共に取材のためにその廃虚に足を運ぶが、いくつかの部屋は施錠されていて……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(3件)

笑える66.7%恐怖33.3%

  • gs4********

    1.0

    見る価値なし

    原作フリーホラーゲームが好きで買って見たのですが、内容が全然駄目。話にならない。原作みましたか?っていいたいレベル。 星つける価値ないね

  • axi********

    1.0

    【駄作クラス】うん、つまらない…よ?

    ホラーは低予算でも作れるので、 予算が少ない場合、ホラーを撮るケースが多い。 そういう意味でいえばホラーの古典ともいえる。 学校の怪談というジャンルが確立する以前の時代の、 ホラー映画なんて、当時は傑作と言われてものでさえ、 今(現代)見ると、ほとんど怖くなくて、 むしろ滑稽ささえある、”昔流行った”映画である。 そういう部類に入る映画である。 時代が進化し、映画も進化していく中で、これは”レトロ”である。 狙って撮ったわけではない”レトロ”は、 時代の哀愁も何もなく、ただ古いだけである。 監督の頭の中は、古い時代の中においてきぼりのようだ。 よっぽど流行は私が作るという、自信とセンスがない限り、 オリジナリティを求めすぎてはいけない。 ちゃんと、流行もチェックし、他の作品も見て、 世間の声にも耳を貸して、色んな所に目を向け参考にし、 作っていかなければ、いい映画なんて作れるわけがない。 これは基本だよ? 大丈夫 監督? もう一度出直してきて方がいいよ? ちなみに、イメージワードに『笑える』というタグをつけたのは、 間違いではない。「なにコレ?プププ」という笑いが起きてしまう。 更にちなみに、こういう映画を撮ってると、狙ったものではなく、 本当に霊が映りこんでいる、可能性があるので、それは怖い。怖すぎる。 決して心霊スポットにはいかない方がいい。これはマジで。

  • yuk********

    1.0

    ある意味衝撃作品

    恐るべし低予算映画。よく公開されたと思います。最早何も言うまい。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
パラノイアック PARANOIAC

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル