レビュー一覧に戻る
フォックスキャッチャー
2015年2月14日公開

フォックスキャッチャー

FOXCATCHER

PG121352015年2月14日公開

def********

4.0

非常によくできているがエンタメ性は無い

この事件はレスリング(プロレス含む)ファンの間では有名で、2000年代にも字幕のドキュメンタリーがあったし、日本ではJスポーツが放送するヒストリー番組で再度取上げられた物を最近見たのがきっかけで映画も鑑賞してみた。 キャストをよく確認せずに見たのだが、デュポン役が誰なのか分からず調べるとスティーブカレルと記載されていて意外だった。デュポン本人は事件当時60に満たない中年というにはあまりに老いていて、どちらかというとスコットグレンのような面長で物静かそうな老人というイメージだった。カレルは特殊メイク込みとは言え、逮捕された時の闇の中から数年ぶりに外に出たような、生気の無いデュポンのイメージによく迫っていたと思う。 この映画はドキュメンタリーに近いが、俳優陣の心情表現がリアルで、映像や音楽による美化も控えめ。これ以上やると逆に演出が過ぎる、ハリウッドにありがちな実話系映画やサスペンスになっていただろう。 とは言え、これならドキュメンタリーでいいのではという意見もよく分かる。エンタメ要素は薄いことを踏まえて鑑賞することをおすすめしたい。

閲覧数1,773