2015年3月7日公開

小さき声のカノン

1192015年3月7日公開
小さき声のカノン
5.0

/ 4

100%
0%
0%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

福島県二本松市に暮らす住職の妻・佐々木るりさんは、福島第一原子力発電所の事故後も、家族で生活するため福島に住み続けることを決意。寺が運営する幼稚園に通う園児の保護者たちと、子供たちに安全な食事を提供しようと日々活動している。一方、チェルノブイリ原子力発電所事故を経験したベラルーシでは、事故から30年近くが経過した今でも、子供たちを救うための活動が行われている。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(1件)

勇敢50.0%知的50.0%

  • mai********

    5.0

    尖ってて良い、狂ってても良い

    大きな流れに身を任せ 皆と同じようにしてないと 輪があるのなら、そこからはみ出さないように 誰だって不安だし 皆と同じでいられるのならと思う。 でも……… 尖ってて良いじゃないか! 狂ってても良いじゃないか! 『あの人変だ』 『あの家族は変だ』 『あの子と仲良くしちゃダメ』 そんな風に言われても構わないじゃないか。 その意識が、行動がいつか報われる日が来る。 5年先… 10年先… 20年先… 元気に笑顔で暮らせる家族がいれば、それ以上望むものはない。 『僕は自分が見たことしか信じない』とは、サッカー日本代表の内田篤人選手の本のタイトルですが 自分の目で見て、聞いて、体で感じた人々の歩みは まだまだ小さいのだろうけど、力強い。 勉強になりました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
小さき声のカノン

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日