レビュー一覧に戻る
女神は二度微笑む
2015年2月21日公開

女神は二度微笑む

KAHAANI

1232015年2月21日公開

illbeback1229

4.0

歌や踊りが無くてもインド映画は勝負可能。

 ミニシアター系の公開でありながら評価が凄く高かったのと、「予測不可能な展開にあなたは騙される」というキャッチフレーズに魅力を感じ鑑賞。  初っ端のインドでの地下鉄無差別テロ事件に主人公の夫が関わっている様子を見せて、妊娠している妻がロンドンからインドへ夫をさがしに来るところから始まる。  どんなことがあっても全然悲しまずに、そしてめげずに常にポジティプに夫をさがす主人公や、行方不明か分からない夫にどうしてこんなに警察が協力するのか違和感を持ちながら観てたところで、題名やキャッチフレーズの事が頭から抜けてたらラストに驚愕の展開で良い意味で「不意打ち」を食らい、これが評価が高い理由だと理解出来た。  でも、少々残念なところは何故かこの作品にはサスペンスに必要不可欠な緊張感が無く和気あいあい的に進んで行くところや、時々画面に出てくる場所とか日時の文字の出し方が「ミッション・インポッシブル」のような近未来的に表示しているところが作品に合ってない。  またどうしても腑におちないのが、デブの殺し屋を準主役の警官が追いかけるシーンで、デブの味方をするつもりはないが、殺し屋で右手に銃も持っているんだから(警官は銃を持っていない。)あんなに逃げなくても銃で撃っちゃえばいいいのにどうしてひたすら逃げるのか意味が分からなかった。  それに素手の格闘シーンはからっきし下手だし、音楽もこの作品に合ってなかったように思えた。  このあたりを修正できたら☆5つの出来だっただけに本当に惜しい。  でも、インド映画も歌や踊りが無くても十分勝負出来る事を証明する作品だし十分おススメに値する作品なので興味があれば観に行っても決して損はしない。

閲覧数875