2015年2月21日公開

女神は二度微笑む

KAHAANI

1232015年2月21日公開
女神は二度微笑む
3.9

/ 274

26%
46%
20%
6%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(64件)


  • dkf********

    3.0

    世界標準規格の本格サスペンス

    あっと驚くインド産本格サスペンスである。インド映画お約束のノーテンキな歌や踊りが一切ないばかりか、良く練られた脚本のトリック、伏線、どんでん返しが巧妙で、ワールドクラスに十分通用するほどの完成度にいろんな意味で驚かされた。 なにより主演のヴィディヤ・バランの圧倒的美しさには惚れ惚れする。彼女の美貌も間違いなくワールドクラスだろう。 脚本の出来の良さに比べると演出は今ひとつキレがなく、ハラハラドキドキの緊張感はあまり感じられないが、とにかくストーリーの面白さとヴィディヤ・バランの顔を眺めているだけで120分楽しめてしまうというものだ。 ハリウッドでリメイクが決定しているという点でも本作のクオリティは保証されているといえるだろう(それにしてもハリウッドは本当に何でもリメイクするんだな!相当にネタ切れが深刻なのか…) 日本ではまだまだ目にする機会が少ないが、インドは世界最大の映画製作大国というだけに、知られざる傑作や驚くべき才能がたくさん眠っているものと思われる。 インド映画と聞くだけで抵抗感たっぷりにスルーする人も多いと思われるが、観やすさから言ってもこれは入門編としても最適だと思う。 偏見や食わず嫌いをやめて、これは是非とも観ることをオススメする。 さあ、めくるめくインド映画の世界へようこそ!

  • aki********

    2.0

    ネタバレ他の人のレビューの高さに騙されました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • unm********

    4.0

    インドS級サスペンス!

    何故かサスペンスのコーナーになく、ドラマのコーナーにあった本作。 前評判の良さから試しに視聴。 いやぁサスペンス好きにはたまらないくらいミスリードと伏線を与えてくれます。 伏線回収のサスペンスというより、ラストはネタバレなので言えませんがそうきたか!と外して狙ってきます。 あまり深く考えずに見ることをオススメします。 見慣れている方は途中である事実に気づくかもしれません。 で気づいたとしても楽しめる作品です。

  • tal********

    4.0

    ネタバレ騙された~

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 辰っちゃん

    4.0

    テンポが良ければ

    インド産ミステリー映画です。次々と現れる怪しいキャラクターや大きな陰謀を匂わせる演出など中盤のワクワク感は素晴らしかったです。そしてラストに待ち受ける衝撃のラスト!最初の時点でラストは大体予想できてしまいましたが、まあよくできている映画だと思いました。

  • nop********

    1.0

    テンポ悪し

    ラストの落ち自体は悪くないけど、ラストに至るまでのテンポが悪く引き込まれないため、せっかくのどんでん返しも「ふーん」で終わってしまう 途中の真相を追っていく様子がまったく面白くない これではラストをいかに捻ろうとも意味がない 娯楽作としてイマイチの出来

  • gettoughbetough

    5.0

    ネタバレ華麗なるドンデン返し

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • бочка

    5.0

    意外などんでん返し!

    これは良作サスペンス!夫を追って次々に謎が浮上し、怪しい人物が次々に出てくる。推理しながらストーリーを追ううちに、ラストで意外などんでん返しが!全く予想していなかったのでかなり衝撃的だった。主人公が優しい警察官やホテルの子供と仲良くなっていく様子が微笑ましかった。インドの日常や祭りの様子を映した映像も異国情緒に溢れていてよかった。インド映画は歌って踊るだけじゃないんだな。

  • sou********

    5.0

    な、なぁーにぃ︎ おったまげのラスト!

    ヴィディヤ・バラン…凄い美人やなぁ…。美しい顔で怒りまくりのシーンに惚れた(笑)。是非、彼女に怒ってもらいたい!そんなレベル。 ヒロインの美しさは元より、ストーリー、演出、共に良い仕上がり! 実に面白いミステリー。 どんでん返しなので、詳しくはレビューしないが、インドのリュック・ベッソンやなぁ…。最高っす! かなりトリッキーで、破綻するんじゃないの?と謎解きについて心配するような展開。が、しかし!なんてエンディングなんだ…。驚いて、思わず声が出た。 そう来たか…!凄い…。いきなり棍棒でブン殴られる級の衝撃。 宗教に詳しくないが、ヒンドゥー教の女神ドゥルガーのお祭り、女神の持つ力、これらも回収しているらしく、お見事って感じがする。そう、詳しくないのでどれくらいのお見事っぷりかは理解してない(笑)。 いや、ねぇ…疑ってはいたんだよ…。絶対に何にあるストーリーだ、と。 でもなぁ、完璧に上回れた。完敗です。

  • cr3********

    4.0

    ネタバレ絶対にネタをバラしてはいけません。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 一人旅

    5.0

    祭りのフィナーレはもう直ぐ…

    スジョイ・ゴーシュ監督作。 コルカタを舞台に、失踪した夫を捜す妊婦の奔走を描いたサスペンス。 インド発本格派サスペンスで、ボリウッド映画のお約束―歌と踊りシークエンスが一切挿入されない“物語重視型”の力作になっています。 出張に行ったまま失踪してしまった夫を捜索するためイギリスからインド・コルカタを訪れた妊婦:ヴィディヤを主人公にして、地元の警察官と協力して夫の勤務先や宿泊先を捜索する主人公が、やがて2年前に発生した地下鉄テロ事件を巡る陰謀に巻き込まれてゆく姿を活写した本格志向のミステリーサスペンス劇で、インド第3の都市コルカタの熱気と喧騒の中に物語が展開されていきます。路上の物売りや人力車、雑多な旧市街の光景等、綺麗なインドではなく現実に即したインドの日常風景をそのまま切り取った映像は、“歌って踊って結果ハッピー”な従来のボリウッド映画とは趣きを異にした魅力を放っています。 ネタバレ厳禁なサスペンスであり、劇中散りばめられた幾つもの伏線とそれらの回収が鮮やかな結末を迎えていきます。普通に画面を観ていたらまず間違いなく騙されるであろう驚愕のトリック(種明かし)に唸らされる逸品で、歌と踊りに頼らなくても巧みな物語構成で観客を魅了できることを見事に証明しています。 主演の才女:ヴィディヤ・バランの綺麗な顔立ち&卓越した演技力が物語の根底を支えていますし、彼女に協力する善良な警察官:パランブラタ・チャテルジーの素朴な演技も光っています。

  • npp********

    4.0

    インドの本格サスペンス

    この物語なら歌や踊りが入る余地はないですね・・・ サスペンスとして先が気になると同時に優れた人間ドラマでもあります。 主人公はもちろんのこと、協力してくれる新人警官も応援したくなる! あまり余計なことは言えないのでとりあえず観て欲しいです!

  • kin********

    4.0

    インド発!どんでん返し系サスペンス!

    「女神は二度微笑む」字幕版 Netflixで鑑賞。 *概要* 失踪した夫探しのためにインドの大都市コルカタにやってきた女性が過酷な事態に巻き込まれていく姿を、シリアスに描いたインド製サスペンス。 *主演* ビディヤ・バラン *感想* インド映画といったらミュージカル仕立てになっているのがほとんどですが、この映画は一切ありません。笑いもありません。それと、物語の発端でもある「地下鉄毒ガス無差別テロ」ですが、我々、日本人からすると、かなり複雑な気持ちになる。 数十年前に起こった、「地下鉄サ○ン事件」がどうしても頭を過ってしまうんですよね。。 色々と感じてしまう映画でしたが、他のインド映画と比べて、めっちゃシリアスなので、サスペンス好き、どんでん返し系が好きな方はオススメしたいです。しかし、自分は、途中から何となく分かってしまったので、騙されませんでした。でも、それなりに面白かったです!(^^) インド映画では珍しく、冒頭~終盤までシリアスな展開で、複線もちゃんと散りばめられていたし、それを終盤、回収する所は良かった。「どんでん返し」としては、やや惜しいけど、面白かった。(^^) 主人公の女性、めっちゃ綺麗だったな~ インド映画に出てくる女性は美人ばかり!\(^^)/

  • コトリ

    5.0

    失踪ミステリーの壮大なトリック

    とても良く練られた話で面白かったです! そんなに長く無いのに途中でインターバルが入りました。 凄いタイミングでインターバルが入るので劇場公開の時はハラハラドキドキしたのでは!? DVDで観たのですぐに続きが始まり「なんだー!」ってなりますが。 主演女優さんがうっとりするぐらい美しい。インド美人は本当に綺麗。 あんな顔になりたいです。 始まって早々に、「この人がもしこうならいいな」と思ってた事がストーリーと同じだったので嬉しかった! 凄い面白かったです。 新人警官のラナも良かった。 インドの街を満喫出来るし、とても良い映画でした。

  • つとみ

    4.0

    歌シーン切られてるっぽい?

    インド映画ではあるが普通のハリウッド映画と変わらない歌ったり踊ったりしないサスペンスで、脚本はしっかりしている。 それでも心理描写や展開などちょこちょことツッコミどころがあって、結果としてそれはサスペンスミステリーの伏線であったり単に出来が悪いだけであったりするのだけれど、インド映画の脚本を信じきれない私はストーリーに集中できなかった。 しかし本質はそんな部分ではなく、脚本のアラを気にさせないほどの演出力がなかったからのような気がする。完璧な脚本など存在しないのだから弱い部分をカバーする力強さとスピード、テクニックが欲しかった。 悪いことだけ書いたけど、平均以上、期待以上に面白いのは間違いない。 何かいい感じのサスペンスないかなとお探しならオススメできる。 ここからネタバレあり 最終的に主人公を中心としたストーリーは理解できるが、黒幕の存在はなんだったのだ?スパイ育成機関みたいなのがあって、その中の裏切り者のスパイ(復讐される男)と、それをサポートする組織内の裏切り者ということでいいのかな? オープニングにある地下鉄の事件は国内のテロ事件という認識でいいのだろうか?彼らが何をしたかったのかよくわからないね。どうでもいいことなのかもしれないけれど。

  • ころりん

    4.0

    ネタバレやられた(涙)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ain********

    3.0

    ネタバレこのタイトルはあかん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • decco

    5.0

    最高です!

    インドに行きたくなった。主役の女優さんは演技が上手で美貌もあり、ストーリーもちゃんとしてた。過去にみたインド映画とは全然違う。

  • sug********

    5.0

    インドサイコー!

    カルカッタと呼ばれていた頃に一人旅 をしました。今も喧騒は変わらず人が多くて埃っぽくて、ドロドロした人間くさい街なんだなぁと、久しぶりにかんじました。 流石インド映画、緻密なストーリー。 演者も皆さん魅力があって、とっても素晴らしい映画でした。

  • gho********

    3.0

    ネタバレ最近多いね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/4 ページ中