2015年4月17日公開

海にかかる霧

SEA FOG/HAEMOO

R15+1112015年4月17日公開
海にかかる霧
3.9

/ 735

35%
35%
20%
7%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(128件)


  • flo********

    5.0

    ネタバレ切なすぎる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jsc********

    3.0

    ネタバレシンプル過ぎ 全員悪人?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hvc********

    5.0

    人って…

    小さな空間にいると、 何を考え出すか分からない。。。 結局は不安や恐怖から、頭おかしくなっていくんだろな…

  • ********

    4.0

    船員全員狂ってる

    面白いといえば面白い…のになんとなく面白かった!と言いにくい作品 途中まではハラハラ感がすごく、引き込まれた そして中盤、密航者たちに異変が起こり、一変するストーリー ここまではノンフィクションで納得できるがこれ以降はもう… 狂気の連鎖がもはやギャグか?ってくらいにぶっ飛んでいる ラストの言いようのない虚しさはなんなんだろうか 解釈はどうにでもできるが、はっきりさせない点が複数あってモヤモヤが残る 誰も救われない、わけではなかった、というのがモヤる変な感じ 一応悪は報いを受けてることになるのかな 気になったのは船長の最期 あれは何を見てこときれてしまったんだろう? 誰もいなくなったことに気付いたからか、二人が逃げ出し終わりを悟ったからか 後半がめちゃくちゃすぎて圧倒された

  • nxn********

    2.0

    ネタバレほぼフィクション

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 味付ノリノリ

    5.0

    前情報無しで見ました

    想像では、霧のかかった海で遭難しかけて、力尽きて何人か死んでからの苦労系感動ストーリーだろう。と思っていたら面食らいました。 チェイサーのキム・ユンソクが出てるだけあって凄かった。 日本でこれだけの顔面レベルなら集客できないだろうに韓国映画は個性的な顔が脇を固めてても見入ってしまう。  今まで韓国の昔の実話系は「○○政権下」「○○が勃発して何年」などの表現があると、ピンとこないことも多々ありましたがこの映画は時代が少し古くてもスッと入っくる分かりやすさ。 ここ10年韓国映画ばかり見るようになりましたが昔はよくアメリカのB級スリラーやホラーも多く観ていたのでこの映画の描写は私は大丈夫でした。 血の苦手な人はオススメしません。 日本映画でアイドルを使えば、立ち止まってキメ顔を見せるカットが多いと思いますが韓国映画はまぁよく動く。 “絵”だけを重視しない、これが“映画”なんですよね。 暗くてよく見えない、なんて箇所もありませんでした。 役者さん達もよく見る顔ばかりなのにリアルの姿やスキャンダルを殆ど知らないから作品によってちゃんと良い人にも悪い人にも見える。 声のトーンと表情でしか演技力(不自然さ)を見抜けないから仮に棒読みな人がいても私には分からない。 ついでに出演者の声が低くて聞きやすい(女性は一部キーキー煩いけど) だから内容に集中して見れます。 ユチョンに関しては惜しい人だったなと思いますが過去の映像にせよ久々に見れて嬉しかったです。

  • dkf********

    4.0

    強烈にガツン!とくる韓国映画

    韓国映画には何年かおきにガツン!と頭を殴られたような強烈な作品がやってくるが、これも強烈なパンチ力をもった秀作だ。 ポン・ジュノと組んでいた脚本家の監督デビュー作ということだが、終始怪しい雰囲気が漂うサスペンス味たっぷりの展開で最後まで一気に観れてしまう。その堂に入った力強い演出ぶりには驚嘆するしかなく、日本映画界はアニメ以外ではとても韓国には敵わない現実をまた見せつけられた感じだ。 まあ、日本ではこんな重厚でシリアスな映画を撮っても失敗する可能性の方が高いだろうけど。

  • へろへろもん

    5.0

    海上の密室劇

    韓国映画特有のエロ、グロあり。俳優たちの圧倒的な演技力、映像美、引き付けるストーリー展開。狂気を描いたら日本映画は歯が立たない。

  • おすむすだん

    2.0

    出だしは韓国の漁村の風景で

    牧歌的な物語が始まるのかと思ったら、血みどろサバイバル。それはいいが、どうも人物設定が薄っぺらくて、興ざめ。一応最後まで見ようかしら。見ながらこれを打っている。で、最後まで観た。金はかかった大作だが、どうもすべてが嘘っぽくて行けない。監督の力量不足か、シナリオのダメさかげんなのか?すべてが、空疎にかんじられた。

  • rag********

    4.0

    良作

    サスペンスが得意な韓国映画で、これは成功の部類です。面白かった。 展開が常にあって、飽きさせずあっという間に終わります。船というどこにも逃げられない密室で繰り広げられるサスペンスに、ハラハラしました。意外性もあって素晴らしい。 是非オススメです。

  • kun********

    4.0

    やってる場合かw

    キャストがいいですねぇこれ 実力派が勢揃いじゃないですか ラストシーンも迫力があるし全体的によくできてる ただそこはやってる場合じゃないでしょw

  • Sevens

    4.0

    ハラハラドキドキ

    韓国映画ほんとすごい。特に実話を元にした映画は圧勝です。 こんなすごい映画見せられたら、ますます日本映画から遠退くなぁ

  • oir********

    4.0

    密航漁船血の惨劇は中々の一大スペクタクル

    一体どうなるのか固唾を飲んで推移を見守っていたが全く予想外の展開。 これは実話ベースかもと視聴後に調べたらやはりそうみたい。 重大な責任を負い過ぎ、追い詰められた人間のなりふり構わぬ自衛本能をまざまざと見せつけられた気分。 自分がもし船長の立場なら同様の行動をとっていたかもしれないと想像を巡らせると身震いする。 あんな状況になったら理性的でいることがはたして出来るだろうか? と視聴者も自分に自信が持てなくなるに違いない。 密航者多数追加乗り込みとはいえ、漁船一艘でもこれほどの一大スペクタクルが成立することに感心するしかなかった。見事に一本取られた感じ。 でもバイオレンス惨劇物はカタルシス精神浄化が得られるわけではなく後味宜しくないのがネックではある。 総評3.8の四つ星

  • wxj********

    5.0

    ネタバレ人間の本性である業と欲望を炙り出す

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    なかなかの絶望感

    冒頭の漁船や乗組員の働き方を見れば、最低格差の状態であることは一目に分かる。 そこから金のために朝鮮族を密入国させる裏稼業を行う羽目に。 もうこの設定だけでも怪しい雰囲気がプンプン漂うが、そこからは目も当てられないほど凄惨な状況に。 人間の醜い面や欲望がむき出しになる瞬間がハッキリと映っており、実話であることがまた信ぴょう性を高める。 結果的に船員の運命だったり、その後のラストのモヤモヤした展開。 「殺人の追憶」の脚本を手掛けたというのは納得の出来。

  • カンパニー

    3.0

    すべて絶望的

    内容を見ずに鑑賞、タイトルとパッケージの感じでラブロマンスな映画かなと観たら、全てが絶望的で驚いた。 不漁続き資金難その状況で船長の一つの決断が、チョンジン号と乗組員の運命を変えてしまうんだけど日本では作れない作品かな。 道中、乗組員たちが感情的になって人殺する場面は、映画「バトルロワイヤル」をよぎる物があった。それに生き残ったとしても、昨日の事のように思い出す出来事なので、とても希望が持てない。

  • かーりぃ

    5.0

    是非

    すごく良い作品です。実はをもとにした作品です。緊迫した状況、俳優達の演技もとても最高です。是非みなさん見て下さい

  • hik********

    4.0

    霧の神話

    「パラサイト」、「殺人の追憶」などの俊才ポン・ジュノが関わった一作。 ただ、本作では監督ではなく、あくまで製作・共同脚本として参加。 ここで、なんだ監督じゃないのか…と落胆するのは早計というもの。 何より本作の監督は「殺人の追憶」の脚本を担当したシム・ソンボ。 即ち、あの傑作かつ大問題作のコンビの新作なのである。 もう、この次点で凡作で終わらないのは折り紙付きだ。 と言っておいて早速でなんだが、途中まではテンポも悪く、どうにも退屈に感じてしまった。 ところがどっこい、ちょうど本編1時間目から急転直下の展開が襲い掛かるのだ。 「こういう展開になるんだろうな〜」という私の浅はかな予想を見事に覆した、寝耳に水の急展開には、ただただ脱帽である。 前半のテイストは何処へやら。後半は衝撃一色の展開が待ち受ける。 この辺りの流れは「パラサイト」にも通ずるものがある。 かのスティーブン・キング原作のある映画に近いのでは、と感じた人もいるかもしれない。かくいう私も。 不況、不作により資金、経済難に喘ぐ漁村。 ゆえに手を出してしまった、いや出さざるを得なかった、密航という悪魔の誘い。 事件の裏に、世相を反映しているのも、流石はジュノ流か。 キャストも素晴らしく、特にキム・ユンソクの存在感が尋常じゃない。 どこぞの大怪獣とも渡り合えそうなほどの恐ろしさを、その身に宿しているように見えた。 狂気と欲望が充溢する中で芽生えた、小さな小さな、しかし強い“愛”はどうなってしまうのか。 単なる悲劇ではなく、これこそが監督とジュノが描きたかった事、伝えたかった事ではないだろうか。 まるでギリシャ神話のようなシナリオだった。

  • kit********

    4.0

    とにかく心が重くなる

    早く終わってくれ、早く終わってくれと思いながら見ていました。 (つまらないという意味ではないです) 感情移入してしまうと逃れられない何かにずっと押さえつけられるような感覚になります。 実話を元にしているから、これでいいのだと思いますが・・・見るのに覚悟は必要ですね。 辛かった。 その分見ごたえはありました。

  • ともみりん

    5.0

    海にかかる霧

    このての韓国映画は色々見てきてて 私は 好きなジャンルです。怖いのOKな方にオススメ〜 韓国の名優キムユンソクさんをはじめ 演技派の俳優さんたち。 追い込まれて行くと こんなにも簡単に転がり落ちて行くものなのかと何度見ても切なく 胸が苦しくなります。韓国ノワールの決定版 余韻の残る映画が見たいなら 是非見てみて欲しい作品です。

1 ページ/7 ページ中