特捜部Q 檻の中の女

KVINDEN I BURET/THE KEEPER OF LOST CAUSES

97
特捜部Q 檻の中の女
3.8

/ 642

20%
47%
27%
5%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(85件)

不気味19.3%恐怖17.3%絶望的10.2%かっこいい8.6%切ない8.6%

  • miy********

    4.0

    ネタバレしっかり作られた刑事物

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sar********

    4.0

    地盤は出来が良い

    閑職へ追いやられた刑事が相棒ガチャに大当たりして奮闘するお話。 特におもしろい事件でもなく、特別これといった魅力もありませんが、そこそこ王道展開で安定はしています。

  • a10********

    4.0

    このシリーズ好き

    北欧の渋い刑事もの 相棒とのタックと主役の男くさい刑事が いい味だしてる このシリーズでは 初めて観た作品

  • kat********

    4.0

    独特なクライムサスペンス

    ハリウッド映画にはない独特な雰囲気のクライムサスペンス。 真相に迫る謎解き感が気分を盛り上げてくれます。 シリーズ物で2作観ましたがどちらも良かったです♪ けど、どっちも家族向けの映画ではないなぁ~

  • HERO

    3.0

    本物のクライムサスペンスミステリー

    特捜部Q、いわゆる未解決事件捜査部のお話し。 ドイツらしい映画なので、声も静かで低く、天候も曇天なので終始重苦しい雰囲気です。 主人公もHERO感はなく、同調整がない。私生活はうまくいってない中年刑事。刑事としての経験値はありそうで優秀そうではある。と、個性があり過ぎる設定でもなさそう。 序盤はこの刑事の人物像を描き、次のシーンで一つの未解決事件を追う事になるのだが、ここからが面白くなる。 2時間枠なので数点の証拠と証人を追う事で事件の根底を導き出すのだが、この捜査のやり取りが実直なので嫌味なく観れる。 雨の日に、気の合う人と珈琲をお供に鑑賞が似合うかもしれない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
特捜部Q 檻の中の女

原題
KVINDEN I BURET/THE KEEPER OF LOST CAUSES

上映時間

製作国
デンマーク

製作年度

公開日
-