2015年3月28日公開

ニンジャ・アベンジャーズ

NINJA: SHADOW OF A TEAR

PG12942015年3月28日公開
ニンジャ・アベンジャーズ
3.0

/ 78

12%
18%
44%
14%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

日本で甲賀流忍術を極めたアメリカ人のケイシー(スコット・アドキンス)は、甲賀道場の跡取り娘・武田波子(肘井美佳)と結婚。波子が妊娠し、幸せな日々を送っていたある日、何者かの襲撃により波子が惨殺されてしまう。その後タイで道場を開いている兄弟子・中原(ケイン・コスギ)に誘われ、バンコクへ渡ったケイシーは、そこで武田師匠と因縁のある男ゴロー(菅田俊)が波子の殺害に使われた鎖分銅の使い手だと知り……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(22件)

かっこいい17.0%勇敢17.0%楽しい11.3%笑える9.4%ファンタジー7.5%

  • とし

    3.0

    パーフェクトバディ

    2021年9月26日 映画 #ニンジャ・アベンジャーズ (2013年アメリカ映画)鑑賞 アクションはしっかりしていた しかし、忍者ではない また、単身で闘っており、アベンジャーズでもない アクションを売りにすべき映画である

  • 1048

    1.0

    アクション以外は×

    もう内容がクソ過ぎる B級どころじゃない。 退屈極まりなかった

  • nisan

    1.0

    びっくりした

    スゴいB級ぶり、暇つぶしにしても辛い時間だった。アクション以外、クソだった。

  • sou********

    2.0

    超ウケるんですけどぉ!

    へー!と驚くのが、意外と魅せるアクションシーン。この映画のアクションは、凄いわけではないけど、なかなか見れる。中の上でしょ。 が、他がどうにもウケてしまう。 内容はシリアスなリベンジもの。しかし、ディテールがしっちゃかめっちゃかで、とってもオモロい。 旧日本軍の忍者部隊!コレは笑かしでしょ? 嫁にプレゼントするネックレス…!野暮ったいほどゴツく、おおよそどんな服にも合わせる事は不可能。貰った方はありがた迷惑間違いなし。可愛げのないデザインで、女性にプレゼントするものか?つーか、誰が貰っても困り果てる代物。ウム、失笑っす。 道場に貼ってある標語みたいな「書」!書いてある言葉が、無心、坐禅…⁉︎しかも大して上手くない字で…。コレも笑かしでしょ? どこの国の人間を設定してるの?な下手くそな日本語!何言ってるかわからん。日本語を聞いて英語の字幕で会話を読み解かなければならないほど日本語が下手くそ。今時、ソリャねーわ。 敵役の強さの設定もちんちくりん。まぁ、登場順はいろんなパターンがあって良いと思うのよ。でも、前フリってあるでしょ?ええぇ!コイツあの雑魚キャラより弱っちいの?は笑わせやがる。 カットインの回想シーンもセンスを疑う。特にエンディングのカットインは、作り手は御涙頂戴のつもりだろうが、笑っちまって、笑っちまって…。臭い、ショボい。 序盤から中盤は、下手くそ日本語や下手くそな脇役の演技がオモシロくて仕方がなかった。 終盤のキメキメの展開になってくると、アクションは冴えが増すけど、映画としては凡庸。 中盤までの展開を継続してくれたら、星1つ増やしていたなぁ…。この手の映画は、ダメっぷりを力技で押し通して欲しいもの。頑張って作ってるのに滑稽…そこが良かったのに、ヘタ下手からヘタ凡庸にランクアップしてシラけた。

  • dos********

    4.0

    王道B級映画

    もう絶対ダメでしょみたいなタイトルから恵まれたアクションを繰り出してくる。 雑でわかりやすいストーリーを軽快なテンポと暴力で雑に進めていく、これぞB級映画という仕上がり。 米国人がカタコトな日本語を喋り、日本人がカタコトな英語をしゃべるという非常にフェアな表現が為されている。 ただ、役者はたいしたもので、そのカタコト言語にもきちんと感情をこめて喋ってくれるので慣れれば癖になる。 めっちゃ雑な展開に反比例した、非常にかっこいい格闘アクションを堪能できるので、「つまらなかった」ということはないだろう。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ニンジャ・アベンジャーズ

原題
NINJA: SHADOW OF A TEAR

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル