ここから本文です

(2014)

監督
長澤雅彦
  • みたいムービー 20
  • みたログ 24

4.28 / 評価:18件

解説

山口県下松市市制施行75周年を記念して、伝統的な奇祭・稲穂祭のきつねの嫁入り行列をモチーフに不器用な大人の恋を描くドラマ。妻が他界した男性と、思いを寄せられている女性が、祭りにまつわる秘密をめぐる恋模様を繰り広げる。監督を『遠くでずっとそばにいる』などの長澤雅彦が務め、市民から公募した原案を基に、『百円の恋』などの足立紳が脚本を手掛ける。出演は、『あぶない刑事』シリーズなどの伊藤洋三郎と『ラブ&ポップ』などの岡田奈々ら。繊細なストーリーと共に、自然や伝統行事の美しさを堪能できる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

山口県下松市。妻が他界し、鉄道車両を造る会社で溶接工している徳田昭男(伊藤洋三郎)は、同じ会社の食堂に勤務する吉野咲子(岡田奈々)に思いを寄せている。そんな昭男、咲子、亡くなった昭男の妻には、地元の奇祭・稲穂祭のきつねの嫁入り行列に関わる秘密があり……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ