ここから本文です

きみはいい子 (2014)

監督
呉美保
  • みたいムービー 328
  • みたログ 1,391

3.89 / 評価:1249件

配役内容共にリアル

  • sasuke***** さん
  • 2021年2月11日 0時38分
  • 閲覧数 660
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

本当に誰かの日常を見ているようなリアリティがあった。特別な事件が起きるわけではないが、それぞれの家庭や学校では小さな事件はいっぱい起きているような。
学校の新米教師のストーリー、あれもリアル。子どもやクラスの雰囲気とか、1年目ってあんな感じだし、クレームに悩まされるとか。それを高良健吾さんがすごく雰囲気出していて適役だと思いました。また、特別支援学級もリアルで児童一人一人に愛情を持って接してる髙橋和也さんの教師役が良かった。
宿題の感想では本当にドキュメンタリーぽくて等身大の4年生の感じがした。
ママ友のストーリーは池脇千鶴さんがすごくいい演技!本当にどこにでも居そうな感じの優しくて子ども好きのママ。その様子を見て、虐待しているママはさらに自分を苦しめてしまうんだろう。なんでこのママさんみたいに子どもに優しく出来ないんだろうって。
最初虐待ってネグレクト的な親がするのかなと思っていたけど、真面目でいい子に育てようと一生懸命な母も起こりうる、そんなことを示唆していた。ワンオペで四六時中娘と2人きり、自分の思い通りにならない娘にもどかしさやイライラが募るってわかる。ワンオペ育児で私も叩いたりしてはないけど、怒鳴りつけてしまったことがあり、一歩間違えば虐待しかねないなと危機感を感じた。
自閉症の子の演技、すごかった。
決して派手な映画ではないが、実力のある適役の俳優さんの演技が光る、それぞれの悩みを表した映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ