映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~
3.9

/ 1,552

48%
20%
17%
7%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

父・野原ひろしの転勤が決まり、みさえ、しんのすけ、ひまわりの野原一家は、春日部を離れることに。しかも、その引っ越し先はメキシコ。ふたば幼稚園の仲間たちに別れを告げ、メキシコに降り立った野原一家だが、しんのすけはグラマーでセクシーなメキシコ美女たちに近づいてははしゃぎまくり。だが、彼らの前に突如として動くサボテンが群れを成して出現し、襲い掛かってくる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(420件)

笑える14.9%楽しい13.4%泣ける11.7%パニック8.9%ファンタジー5.7%

  • bat********

    4.0

    ネタバレ感動も冒険も味わえるパニックホラーアニメ映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 真田康之

    4.0

    ネタバレCMが感動押し過ぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • T1111

    5.0

    ネタバレあの災害の町の野原一家

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mis********

    3.0

    ふつーに

    劇場に見に行ったんですが、普通に面白かったですよ!起承転結しっかりしてたし。ただほんとにフツウ!笑 クレしん映画に対してふつーに面白かったなーっていう感想しか抱かなかったことはちょっと残念かも?

  • pop********

    2.0

    テーマは良いが、センスが無い

    全く笑う所が無い。登場人物も影が薄い。爽快さも無い。ストーリーも無いしオチも無い。センスがまるで無い。 パニック物を作るなら、どうせなら世界を巻き込むくらい滅茶苦茶やって欲しかった。温泉とかブタのヒヅメみたいに大胆で、バカバカしいけどスケールの大きい作品に。街の中という絶妙なスケールの小ささで、本当にただ思いつきと行き当たりばったりの展開で、中身も偶然災害に巻き込まれたから避難します、程度の内容しかない。登場人物も見事に一般人揃いで、ヒロインかと思ったスマホちゃんはただ偶然生き残った一般人、市長はただ町を盛り上げたいがめつい一般人、マリアッチは無職の一般人、レスラーは力持ちの一般人、先生は巨乳の一般人。結局サボテンの正体も分からず、なんで人が喰われたかも分からず。 初期のハイグレ魔王や雲黒斎の野望は、不条理な作風ながらあれで理屈が通っていたし動機付けもあった。理屈や動機付けは物語の根幹で一番大切な部分だ。アンパンマンですらストーリーに理屈も動機付けもある。「パンはパンでも食べられないパンは?」で面白い答えを期待してたら「カレーライス」と答えられた。そんなの、全く意味不明だし面白くもなんとも無い。 なぜサボテンは人を喰うのか?なぜ水に弱いのか?なぜそんなサボテンがマダクエルヨバカにあったのか?なぜそんな当たり前の伏線すら回収しないのか。 「細かい事気にしない」とか言ってる人は、「カレーライス」で爆笑できる人間なんだろう。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


矢島晶子しんのすけ
藤原啓治ひろし
真柴摩利シロ/風間くん
林玉緒ネネちゃん
一龍斎貞友マサオくん
佐藤智恵ボーちゃん
納谷六朗園長先生
七緒はるひよしなが先生
富沢美智恵まつざか先生
三石琴乃上尾先生
玉川砂記子風間ママ
鈴木れい子隣のおばさん
伊藤静ななこ
阪口大助よしりん
大本眞基子ミッチー
中野聡子細貝さん
橋本小雪朱美ちゃん
勝杏里保安官
宮澤正パブのオーナー
木村雅史肉屋さんの店長
伊東みやこサボちゃん
滝沢ロコメキシコTV番組
北村謙次ルチャドール
指原莉乃スマホ
坂本真綾カロリーナ
浪川大輔マリアッチ
堀内賢雄ネネ・ロドリゲス

基本情報


タイトル
映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日