レビュー一覧に戻る
ジャスティス・ウォー ~正義の代償~

ジャスティス・ウォー ~正義の代償~

A CERTAIN JUSTICE/PUNCTURE WOUNDS

97

oce********

1.0

アクションの撮り方が下手くそ

ジャケットを見ると妙な髪形のドルフ・ラングレンがおり、この時点で怪しいかなと思ってはいた。 結果はその期待を裏切らない微妙な中身だったわけで(笑) 主演はカン・リーという総合格闘技の選手だが、PTSDに悩んでいるという設定。 こういう筋肉俳優に悩める役というのはあまり機能しないのは明白。 案の定アクションはすごいことをやっていたとしても編集で動きを殺されているので、ヴィニー・ジョーンズやドルフ・ラングレンとのバトルもまあ盛り上がらない。 物語もさっぱりな出来だし、冒頭のラングレンのサンドバッグ打ちなんて意味がないに等しい。 やっぱりジャケ写の段階で敬遠しとくべきだったな(笑)

閲覧数265