ここから本文です

エイプリルフールズ (2015)

監督
石川淳一
  • みたいムービー 279
  • みたログ 3,379

3.15 / 評価:2,611件

くだらないけど、そこそこ笑って泣ける!

  • のんのん さん
  • 2015年4月2日 23時16分
  • 閲覧数 2073
  • 役立ち度 27
    • 総合評価
    • ★★★★★

公開初日かつ、
サービスデーという事で、
館内、ほぼ満席状態!



対人恐怖症の、清掃員、
あゆみ<戸田恵梨香>は、
一晩だけ関係を持った、
外科医亘<松坂桃李>に、
妊娠したと告白するが、
亘は、エイプリルフールの嘘だと思って、信じない。


腹を立てたあゆみは、キャビンアテンダント<菜々緒>と、
ランチデート中の亘がいる、イタリアンレストランに、
向かう。。。。。。





脚本は、人気ドラマ「リーガルハイ」や、
「寄生獣」も手掛けた、古沢良太さん。



本作は、色々なエピソードを織り交ぜながら、進んでいく。


ロイヤル夫妻や、誘拐犯の話は、胸にジーンとくるものがあったし、
中学生の宇宙人の話も、けっこう良かった。
宇宙人を呼ぶ儀式は、ツボにはまってしまい、笑った!


ただ、同性愛のエピソードは、いらないと思ったし、
風俗のシーンは、PG12つけていないのに、どうかと思った。
何のために、こういうシーンをいれたのか、意味がよくわからない。


全編において、そんな感じで、このエピソード必要?
このシーンっている?というものが、けっこうあって、
そのせいで、作品の質が落ちてしまっていて、もったいないと思う。




戸田恵梨香さんは、対人恐怖症という難しい役柄を、
上手く、演じ切っていて、とても良かった!

松坂桃李さんは、今までのキャラとはガラリと違う、
セックス依存症のクズ男の役柄に、意外にはまっていて、良い!



ただ、高嶋政伸さん、窪田正孝さんの役等、
演じているキャストが、何だか気の毒になってしまうような、
意味不明な、役柄もあったり、せっかくの豪華キャストなのに、
キャストを生かしていなくて、無駄遣いという感じがした。



ギャグも、肝心な所で、滑っている感じはあるが、
そこそこ笑えたし、周りでは泣いている人もいた。



ただ「そこそこ」という感じで、笑いも涙も、中途半端かな。


ラストも、ファンタジー???な感じで、よくわからなかった。



家族で鑑賞するのは、お薦めしません<特に小、中学生のお子さんと>



ラストに向けて、さまざまなエピソードが、一つに繋がる所は、
そういう事だったのかと、心が温かくなった。



ばかばかしくて、軽いノリの作品だけど、
最後まで、退屈しないで、観られました。



私は、結構期待して、観てしまったので、
観終わって、ガックリと脱力してしまったけど、
石川淳一監督も、「バカ映画」と思って欲しいという事なので<笑
最初から、そう思って割り切って、あまり期待しないで観たら、
そこそこ、楽しめる作品だと思います!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ